アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

オジュウチョウサン 歴史的快挙へ向け始動

f:id:nobuBladeRunner:20180707151315j:plain

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。やってくれました!

 

オジュウチョウサンが予想通り危なげなく勝利を飾りました。もうパドックからキャンターに至るまで貫禄が馴染み出ていました。正直負けないなと思ったのですが、少し気合いが入り過ぎていて心配な面もあったかな。今日は新たなる歴史が開かれた競馬史にとって重要な日になるかもしれない。

 

 

レース展開

 

 

今回はオジュウチョウサンにだけ注目していたので他馬の動向はよく見ていません。かなり主観的な内容になってしまうと思います。

 

パドックから感じたのは、まず馬体が素晴らしかった。障害界のスーパースターだけあって筋肉のつき方が他馬と違って見えました。気合いも入っておりやる気を感じられた。

 

馬場入りでの返し馬で素晴らしいキャンターを披露。今回戦う相手達とは風格が違う。

 

ゲートはすんなり入り、ひとまず安心した。いくら強くても久しぶりの平地レースで出遅れたら一貫の終わり、出遅れだけはよしてくれよと心の中で祈りました。

 

僕のそんな心配をあざ笑うかのように素晴らしいスタートを切りました。まさにポンといった感じで出だしで一歩リード。

 

武豊騎手は逃げずに馬を抑え、同枠の馬に先頭を譲り、外から来る2頭の馬にもお先にどうぞといった具合で、4番手に控えた。道中目を引いたのが、武豊騎手との相性が抜群な事と首を使った素晴らしい走りをしていた事。

 

馬はまったく行きたいそぶりを見せずに前に行く3頭との距離を徐々に縮めて行く。2週目第3コーナーカーブ辺りからだろうか?レースが一気に動く。オジュウチョウサンは前の3頭を捉え先頭に躍り出る。

 

最後の第4コーナーは後続を引き連れてオジュウチョウサン馬なりで先頭を走る。もうこの時点で勝負はついていた。他馬はバシバシ鞭が入っていたのに対し、オジュウチョウサン馬なりのままゴールを目指していた。流石に武豊騎手も絶対に負けられないレースとして臨んでいたのか?2.3度鞭を入れていたが、ノーステッキでも余裕で勝てたと思う。

結局3馬身突き放しての勝利を飾った。

 

 

これは、競馬界を盛り上げるスーパーコンビの誕生でしょう。本当に"今回素晴らしいものを見せてくれてありがとう"と馬主さん、調教師さん武豊騎手、オジュウチョウサンをここまでの馬に育てた石神騎手に感謝したい。

 

オジュウチョウサンに対しての感謝は、もっと先があると思いますので、その時までとっておきます。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。