アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

競馬はロマンです! 中京芝2000 伝説の新馬戦か?

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうこざいます。

 

先週の七夕賞ショックから立ち直れません。3連腹29万、3連単256万と物凄い馬券が出ましたが、僕の推してた6頭の内マイネルサージュ、最低人気パワーポケットが馬券圏内、4着にサーブルオールが入った。なぜ勝ち馬メドウラークを買い目に加えることは出来なかったのか?いろいろ検証したが買える要素は1つあった。4連勝した馬は強い、人気落ちしてもいつか穴を開ける。この法則をすっかり忘れていた。

 

あと1㎝・・・。あと1㎝なんだよ。こんな気分です。まぁ手応えは感じてはいます。そろそろだろうという予感はしています。

 

 

先週は夏競馬の割にはいろいろありました。オジュウチョウサンの歴史的勝利、マテラスカイの日本レコードV,豪華メンバーが集った日曜5レース新馬戦中京芝2000。

 

日曜中京芝2000は、去年はワグネリアンが勝ったコースなので、今年も伝説の新馬戦になるのではないかと注目された。

1番人気は2億5千万の超高額馬ダノンチェイサー。2番人気は大魔神の馬ブラヴァス、3番人気は2億3千の超高額馬のトーセンカンビーナ、4番人気はカテドラル。

 

下馬評では、超高額馬ダノンチェイサー、トーセンカンビーナ、良血馬ブラヴァスが3強と言われ上位争いをすると思われたが、結局勝ったの福永騎手が騎乗したカテドラル。終始内を先行しロスのない競馬をした。まったく危なげない競馬で2着馬には0.4秒差をつけての快勝。

 

勝ったカテドラルの強さだけが目立ったレースでしたが、これが伝説の新馬戦になるかのか、ならないのかをジャッジするのは、現時点では出来ない。もしかしたら圧倒的人気に推されていたダノンチェイサーがこのまま新馬戦を勝てずなんて事もあり得るのが競馬だ。

 

競馬は高額馬や、良血馬が勝つとは限らないのである。テイエムオペラオーのような1000万円そこそこの馬がG1を7勝もする名馬になり、駄馬血統であるオグリキャップが競馬界のスーパーアイドルになる。だから競馬は面白いし、ロマンを感じる事が出来るのだと思う。

 

僕の勝手な憶測なのだが、平成最後の年になる今年はスーパーホースになり得る馬が誕生すると思う。それがカテドラルなのか?以前の記事で挙げた藤沢厩舎期待の2頭なのか?

藤沢厩舎 期待の超良血馬シェーングランツ グランアレグリア 考察してみました - アンチェインな生活 馬券編

まだデビューしていない馬達から出現するのか?

 

元号に入る来年にその馬が、怪物ぶりを日本で発揮した後、秋の凱旋門賞に挑戦するなんて事があるかもしれない。

 

根っからの競馬ファンである僕は、毎年そんな妄想にふけりながら競馬を楽しんでいる。馬券を買う楽しみもあるのだが、こうした妄想にふける方がどちらかというと好きです。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。