アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

これ完全にバブルなんじゃね 落札額2億9000万円

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。本日は北海道苫小牧市ノーザンホースパークで行われているセレクトセール2018と競走馬の取引について考察してみました。

 

 

 

2018セレクトセール初日・1歳馬セールと2日目・当歳セールの落札額82億5750万円合わせた総落札額179億3200万円は、史上最高落札価格で新記録達成となったそうです。

 

ミスセレンディピティの2017が2億4000万円で落札

 

ライフフォーセールの2017が2億3000万円で落札 

 

キングスローズの2017が2億5000万円で落札

 

ソーメニーウェイズの2017が2億円で落札

 

リアアントニアの2018が2億9000万円で落札

 

落札価格  2億越えの馬がなんと5頭も誕生

 

1億円越えの馬は数知れず。今年の落札額最高馬はサトノで有名なサトミホースカンパニーが落札したリアアントニアの2018で2億9000万円。

ディープインパクト 母リアアントニアの超良血馬。

 

里見氏の談話でどうしても欲しい馬だった、予算内で良かったとあるのですが、数頭高額馬を買った後に2億9000万円が予算内なのですから開いた口が塞がりません。

 

里見さんどうしてもダービーを獲りたいのでしょうね。気迫が伝わってくるような爆買いです。

ダノックスの野田氏も負けじと爆買いしてます。

今回は有力個人馬主、クラブ法人、その他個人馬主が入り乱れての大争奪戦になりこのようなバブルを生み出したのでしょう。でも日本経済の活性化には一役も二役も貢献しているのは間違いありません。来年も今年以上の盛り上がりを見せて欲しい。

ただ来年は消費税増税が予定されてますので、今年以上の盛り上がりは現実的に苦しいかなと思います。

 

今回の最高落札額2億9000万円 リアアントニア2018の値段にはびっくりするのですが、過去の高額落札馬と比べるとそう驚く値段ではありません。

 

1  ディナシー                                

 

6億3000万円

 

2  イルーシヴウェーヴの17                    

5億8000万円

 

3  ザサンデーフサチ                  

5億1450万円

 

4  ラストグルーヴ                     

3億7800万円

 

5  ドナブリーニの2017

3億7000万円

 

6  サンゼウス                          

3億6050万円

 

7  トーセンダンス                       

 

3億5175万円

 

8  フサイチジャンク

 

3億6750万円              

 

9  カーム                                

 

3億2,000万円

 

10  アドマイヤハーレ                   

 

3億1500万円

 

 

 

10位のアドマイハーレにも及ばないのが、今回最高落札価格のリアアントニア2018なのです。それにしても1位のディナシーの6億3000万円は強烈ですね。ディナシーは競走馬としてはデビュー出来ず現在も繁殖牝馬として過ごしていますが、これといった競走馬は輩出していません。

 

 

イルーシヴウェーヴの17とドナブリーニの2017はまだデビュー前なので結果は出ていませんが、他の8頭は落札価格に見合った成績は残せませんでした。

幾ら高い金を支払ってもその馬が落札額に見合った走りをするかなんて誰にもわからないのです。馬眼力があるプロの方々がアドバイスするのですから確率はそれなりに高いのでしょうが、それでもほとんどの高額馬は自分より値段が安い馬に負けていくという悲しい現実を突きつけられ引退していく運命を背負っています。

 

高額馬をポンポン買う個人馬主さん達は、我々一般庶民とはかけ離れた資産を所有している人々です。1億2億の金額は彼らにとってはお小遣い程度のものかもしれません。そういった感覚で競馬という道楽を楽しんでいるのかもしれない。

我々がダビスタで楽しんでいる事を現実世界で楽しんでいる。それを観戦したり、馬券を買ったりして楽しんでる我々は、彼等には感謝しなくてはいけないのかもしれない。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。