アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 中京記念 真夏の逃走劇が幕を開ける 俺を捕まえてみろ!

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は7月22日(日)中京競馬場で行われる。芝1600 中京記念(ハンデ戦)の予想をしていきたいと思います。まだ金曜日の午後ですが、競馬新聞の情報など一切参考にしない僕にとって枠順さえ出れば予想は可能!

 

本当は土曜日のレースを見て馬場状態を確かめ、日曜に馬体重やパドックで馬の状態を確認したいのが本音です。ブログで予想する事は本当に難しいと痛感しています。ただファーストインスピレーションを大事にしている僕の予想はこれでいいのかなとも思っています。

この辺はいずれ"アンチェインの生活"名義のツイッターアカウントを開設して解決していきたいと思っています。

 

 

今回の中京記念は、例年と比べると結構いいメンバーが揃いましたね。

昨年の覇者ウインガニオン、2年前シンザン記念で後々桜花賞馬ジュエラーを破って勝っているロジクライ、去年の新潟2歳Sを制したフロンティア。他にもスマートオーディンブラックムーンガルバルディー、アメリカズカップと重賞馬がこぞって集結している。

 

ディープインパクト産駒の刺客もグレーターロンドン、ワントゥワン、リライアブルエースと末脚自慢が集結した。

 

今回のレースは果たしてどのような展開になり、どの馬が有利にレースを進めるのか?その辺を推理する事が重要になってくると思う。

 

 

本命◎

 

 

ウインガニオン

 

 

勝利のほとんどを6月から8月の期間に挙げ、それも左回り周りに集中している。皆さんもご存知のようにこの馬は左回り周りを最も得意としている夏馬なのである。

 

前走の安田記念は7着と破れた。ただこの馬が作り出したペースによって2018安田記念はレースレコードに0.1秒差及ばずも、1:31.3という驚異的なレースになったのだ。

あのペースで飛ばして勝ち馬から0.7秒差7着。それも大外16番からのスタートからである。

今回も7枠13番の外よりの枠だが、得意の平坦左周りなら最後まで行ってしまうだろう。

ただ厄介なのがロジクライロジクライもこの馬に負けじ劣らずの先行力を武器にしている。逃げ争いが、激化して共倒れの可能性も無きにしも非ず。

しかし、去年の関屋記念は現役最強の逃げ脚を誇るマルターズアポジーの2番手につけてそのまま2着に粘っている。2、3番手からでも競馬が出来るのがウインガニオンなのである。

 

ウインガニオンが13番、ロジクライが12番とゲートが隣になった。両馬の鞍上である津村騎手、浜中騎手もお互い無理に競りかけたりしないとみている。

本格的な夏に突入し、さらに調子をあげていく本馬が目指すのは、去年グランシルクと同点優勝となったサマーマイル王者。

今年は去年のような連勝の勢いはないが、前走のパフォーマンスなら前年以上のレースを披露するはずである。トップハンデ57.5も問題にしない強い競馬を期待する。

 

 

対抗○

 

 

ミエノサクシード

 

 

2年前500万条件、900万条件夕月特別を2連勝した頃から注目している。いずれは重賞で活躍する器だと思っているが、出世は遅れている。だが潜在能力は重賞でも通用する事をやっと前走のマーメイドSで証明した。

2000のマーメイドSから距離を400メートル短縮して今回中京記念に挑む。前走から斤量が1キロ減るのも有利に働くに違いない。もう一頭の牝馬デムーロ騎手騎乗のワントゥワンも怖い牝馬だがこちらの方が人気的に美味しく大胆なレースが期待できる分、不気味な存在となる。

鞍上の川島騎手は滅多に重賞で好走する騎手ではないが、マーメイドSと今回のレースで好走して是非ともミエノサクシードと名コンビを今後もファンに披露してほしい。

 

 

馬券戦略

 

 

馬連  13ー14

 

ワイド  13ー14

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。次回は函館2歳S松前特別の予想をしていきたいと思います。

ありがとうございます。