アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

札幌記念特集第2弾 伏兵達よ!G1まであと一歩 突き抜けるのか?

こんにちはノビーです。

今回は札幌記念の伏兵となる4頭の馬を考察していきたいと思います。

G3、G2は勝っているがG1ではあと一歩という馬達です。潜在能力はそれなりのものを秘めているが、運がないのか?それともG1馬としての資質、能力がただ単に足りないだけなのか?正直わからない。

しかし、今回好走してそのままの勢いで秋にG1奪取みたいな事があってもおかしくない馬達だと思う!

 

 

サングレーザー  

 

 

いつG1馬になってもおかしくない馬。

いや近い将来マイルでG1を獲る可能性があると思っている。

 

同世代のマイラーペルシアンナイト、モズアスコットには先を越されている形ではあるが、伸び代でいったらこの馬の方があるような気がする。前走安田記念ペルシアンナイトには先着し、勝ち馬モズアスコットには0.2秒である。決して逆転できない差ではない。

今回は矛先を転じて中距離2000に挑戦してくる。この選択は今後この馬にとって良い方向に転ぶような気がする。

この馬は今のままではG1は獲れないと思ってた。1400という距離を使い過ぎた気がするのだ。現代においてマイルG1馬になる為には2000という距離をこなせるかが重要なファクターになっている。血統背景的には中距離をこなせなくはない。後は陣営が中距離にも対応できる馬に作り変えるだけ。今回の挑戦は陣営のそのような方針を意識した現れだと思う。

中距離であの切れ味が爆発すれば、今回はおろか、マイルG1、天皇賞秋でも通用するだろう。

まだ4歳の未完成馬が今回どんなレースを披露するのか?楽しみな1頭である。

 

 

ミッキースワロー

 

 

この馬もあと一歩でG1手に手が届く位置まで来ている。アルアインをねじ伏せたセントライト記念でG1級の能力があるのは既に判明している。前走の大阪杯でもあのメンバー相手に掲示板に乗るのだから、これからの成長如何ではG1馬となる資格は持っている。

ただこの馬は根幹距離より、非根幹距離の方が明らかに適性がある。2000では全能力を発揮するは難しい気がする。同馬主の先輩馬ミッキーロケットも非根幹距離2200のG1宝塚記念で初G1を制覇している。だからといってこの馬もそうとは限らないのだが、陣営も最大目標は来年の宝塚記念を見据えていると思う。

今回のレースは今後を占う意味で重要なのは、陣営も痛いほど理解しているだろう。特に鞍上の横山典騎手は、かなりこの馬の素質に惚れ込んでいると見受けられる。今回凡走するような事があれば、G1制覇の道は遠ざかる。勝負ごとは勢いが重要。今回のレースで再びアルアインをねじ伏せた時のような存在感を見せつけて欲しい!

 

 

サクラアンプルール

 

 

サクラ軍団の総大将!というよりサクラ軍団の最後の希望とも言うべき馬か?

20数年前サクラ軍団と言えば多数のG1馬を輩出していた。今は存在しないメジロ軍団や社台グループなどと競馬界を代表する有力馬主として君臨していた。

ここ近年の衰退は、当時を知る競馬親父にとってもの悲しさを感じてしまう。

 

もう完全終了だろうと思っていた矢先に登場したのが、このサクラアンプルールである。

この馬のブルードメサアーを見ると、当時を知るファンはこの馬が軍団最後の希望というのは納得できると思う。

兄にサクラメガワンダー、母の兄弟にサクラキャンドルサクラチトセオー

この血統背景は魅力的だ。それにこの馬自身も中距離馬で特に2000は滅法強い。昨年のこのレースも6番人気で制している。それなのに毎回低評価の扱いを受けている。今回もそれほど評価される事なく人気はでないだろう。

高齢馬であるが故の現象だろう。ここ2走は、そういった扱いを受けていることをあざ笑うかのような好走劇を演じている。前走はトップハンデを背負いながら前年凡走した函館記念を2着した。ここに来ての上昇基調は高齢馬でも馬鹿には出来ない。蛯名騎手から乗り替わった田辺騎手と相当手が合うのかもしれない。

前年覇者の意地を今回も見せつけてくるのは間違いないだろう。

 

 

ゴーフォーザサミット

 

 

この馬の取捨は正直悩む。まだ3歳の身でこの古馬スパーG2に挑んで来る。この選択は陣営にとって大きな賭けだと思う。

青葉賞を勝って挑んだダービーでは2:24.0のタイムで走破し7着となった。勝ち馬から0.4秒差で例年なら勝ち馬と互角以上である。

潜在能がはあるのは間違いなく、今回背負う54キロの斤量なら互角に戦えると陣営が踏んだからこその出走だろう。

ショウナンマイティーも3歳夏以降から成長曲線を描き、古馬になってからはG1参戦で戦える馬にまで成長した。現時点の3歳時の能力ではゴーフォーザサミットの方が兄ショウナンマイティーより遥か上をいっているだろう。兄のような成長曲線を描ければ、将来的には面白い存在になり得る。

今回強敵相手に惨敗し、精神的なダメージを負うようなことがあれば元も子もなくなる可能性がある。

陣営の選択が成功するか?失敗するか?

藤沢調教師の手腕と蛯名騎手のレース運びに注目したい。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。