アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 ローズSはディープインパクト産駒祭りか?それを阻む3頭の刺客

こんにちはノビーです。

今週、日曜に阪神競馬場で行われるローズS上位人気をディープインパクト産駒が独占しそうなレース。

サトノワルキューレ、サラキア

カンタービレ、フィニフティ

オールフォーラブ、トーセンブレス

ディープインパクト産駒は今年の3歳牝馬クラシック戦線に小粒だが有力馬多数を送り出している。

しかし、連対馬はゼロとここ近年と比べて寂しい状況だ。

秋華賞へ向け多数のディープインパクト産駒が最後の一冠を狙って出走する。

 

過去1着から3着までディープインパクト産駒が独占なんてレースは山ほどある。今回のローズSも1着から3着まで独占してしまうのか?それともディープインパクト産駒以外の馬達が一矢報いるのか?

今回はディープインパクト産駒達に一矢報いるであろう馬を3頭ほど考察してみたい。

 

 

ゴージャスランチ

 

 

去年の暮れにデビューして未勝利を勝ち上がるまで4戦も要してしまったが、いまだ馬券圏外に沈んだことがない堅実派でもある。

春の時点ではオープンに入ると少し足りない馬だったが前走カーネーションCはしっかりと勝ち上がった。ただ今回ローズS出走予定のレッドランティーニ辺りとクビ差のレースという程度。

今夏どれだけ成長出来たかがキーポイントになる。もともと馬格はあるが更なる成長を遂げていれば重賞でも充分戦えるはず。

 

ここまでのレースを見ていると先行、差しとどのような競馬でも出来る。右回りも勝ち鞍はないが問題ないと思う。東京1600を先行して勝利し、続く阪神2000忘れな草賞を追い込んで3着する辺り潜在能力はかなり高い。

 

素質が開花し、順調に育てばいづれクイーンズミラーグロのような馬になるような気がする。横山騎手はレースしながら牝馬を育てていくイメージがあるので、この馬を面白い存在に育てるだろう。

 

 

ウラヌスチャーム

 

 

今年の2月水仙賞で上がり34.2秒という最速で2着に食い込んだ。その時の3着馬が前走小倉を圧勝したタニノフランケルなのだから、この馬もそこそこ能力を持っている。

 

前走も古馬900万条件で上がり最速32.2秒を叩き出しハナ差2着。

900万条件ならすぐにでも勝ち上がるレベルにある馬なのだが、なかなか勝ち上がることが出来ない。いわゆる相手なりにしか走れないのかもしれない。

 

アメジストリングもそんな馬だったような気がする。900万条件、1600万条件で足踏みしていたかと思えば、札幌重賞クイーンSで3着に食い込んだりとよくわからない馬だった。

 

展開次第では、母同様条件馬の身で馬券圏内突入の可能性もあるかもしれない。

 

 

ウスベニノキミ

 

 

キャリア10戦の中で重賞3度出走し、すべて人気以上の成績を残している。こういう馬はいつか大穴を開けると思っている。それが今回かもしれないし、そうでないかもしれない。

 

今回ローズステークスで1番人気が予想されるサトノワルキューレとは過去2度対戦しているが着順ほど負けていない。

フローラSでは0.4秒差、オークスでは0.1秒差である。今回の鞍上は引き続き和田騎手が手綱を取る。去年のモズカッチャン騒動から1年。

この馬とラビットランがなんとなくだぶるのは気のせいだろうか?

 

そんな気がするのは、この馬の母に対する想いからかもしれない。

この馬の母ソリッドプラチナムは、12年前のマーメイドSで最後方2番手という位置取りから最後の直線だけで11頭をごぼう抜きした馬なのだ。

あの衝撃は今でも忘れない。49キロの軽ハンデでタイムも平凡ではあった。レースレベル的にはなんてことないレースだったと思う。しかし、何故だかわからないが鮮明に覚えているのである。

あの時ソリッドプラチナムは、娘ウスベニノキミと同じ3歳馬。3歳馬でマーメイドSを勝つ馬はそうはいない。次戦ローズSに出走したものの5着に敗れてしまう。あのような脚はそうは見られない。その後ソリッドプラチナムはあのような脚を再び使う事なく引退した。

そして、繁殖牝馬となったソリッドプラチナムが今年の8月頃死亡したようだ。

 

その娘ウスベニノキミが母と同じ道を歩もうと、秋華賞出走の権利を賭けてローズSに挑む。まだ一勝馬なので3着以内に入らないとその夢はそこで終わる。

母とは違うタイプの馬だが、前走古馬900万条件戦を2着する能力があればそれは可能だと思う。和田騎手が昨年に続き何かやらかしてくれ事を期待したい。