アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018秋 藤沢厩舎 秋 爆発の予感

こんにちはノビーです。

いや〜昨日の天皇賞は熱いレースだった。

ルメール 騎手レイデオロには本当恐れいった。

馬も騎手も完璧なレースをしたので当然の結果だろう。

ルメール騎手の頭の中のイメージが完全に具現化したといった感じのレースだった。

それにしても3週連続G1制覇ですか?

今のルメール騎手の騎乗は完全に人智を超えている。G1という大舞台で3週連続して勝つには並大抵の精神力では不可能。相当なプレッシャーがのしかかって来るし、好運などにも恵まれなければならない。極限の集中力も必要だろう。

昨日のレースを観ていて思った事がある。馬上でのたたずまいが明らかに以前とは違う。

その姿からカリスマを感じるのは自分だけだろうか?

もう当分ルメールに逆らうのはやめようと思う。強い馬に騎乗した時は素直にルメール 騎手

中心に馬券戦略を練らなければならない。

 

しかし、武豊騎手の騎乗には本当参った。

ルメール 騎手を止めるのはこの男だ!と思っていただけに本当残念!

平成最後の秋の天皇賞であの騎乗はないだろ。マカヒキが前に行けない事は重々承知していたが、もう少し何とかなったのではないだろうか?

期待していただけに残念な結果だった。

 

それにひきかえ川田騎手のファイト溢れる騎乗は賞賛に値する。残念ながら3着といった結果に終わったが、あの騎乗での3着はしょうがない。

勝ち負けにこだわった上でのあの逃げは見ていて興奮した。そして完全復活は必ず訪れるだろうと確信した。

 

2着サングレーザーは運が無かった。レイデオロが強過ぎたのだ。あの位置から突っ込んで来て最後あそこまで詰めた馬とモレイラ騎手に最大の賛辞を贈りたい。

馬は優にG1級に達しているが、この馬がG1馬になるには後は運だけか?

 

その他の陣営はこれといって感じた事は何もない。可もなく不可もなくといった感じだった。

スワーヴリチャードに関しては予想通り。

正直あのレースでは今後もあまり期待出来ないだろうと感じた。

 

それでは本日の本題に入ってみたい。

 

 

藤沢厩舎

 

土曜のアルテミスSで個人的に推しているシェーングランツが勝った。

馬券は2着ビーチサンバを抜けにしたので的中することは出来なかった。

それにしても何故あの馬が6番人気などと過小評価されていたのだろうか?

2番人気だと思っていたので拍子抜けした。あの単勝オッズなら単複勝負で良かった。

正直あのメンバーなら勝って貰わなくては困るといったレース前から感じていた。

 

しかし予想通りシェーングランツと武豊騎手は相性が凄く良かった。広い東京コースでこその馬という見立ても間違ってはいなかった。

今後の成長度合いではオークスで面白い存在になると思っている。今回の勝利によって巷では姉ソウルスターリングを超える逸材みたいに騒がれ始めたが、おいおいっといった感じだ。

 

この馬に関しては今後もしっかりと見ていかなければならないと思っている。G1級の逸材である事はほぼ間違いないと思っているが、姉ソウルが2歳、3歳時に見せていた堅実性はないと思う。結構ムラっ気のある馬のような気がしてならない。強い時はとんでもなく強いが、何でもない相手にころっと負ける時もある。そんな馬のだと思っている。

 

寮馬のグランアレグリアにはまだまだ敵わないだろう。こちらは桜花賞までは突っ走る事はほぼ確定的。

グランアレグリアは朝日FS出走も検討されているらしいが、そちらでも余裕で勝てる逸材だと思っている。

シェーングランツが阪神JF出走して、もし勝利するような事があれば、いずれは何処かでぶつかるかもしれない。その時には両者の力はかなり縮まっているとは思う。

 

それにしても藤沢厩舎の土曜、日曜重賞制覇はお見事だった。

秋競馬もそろそろ佳境に入るが、これから本格的に藤沢軍団の快進撃が始まるのではないだろうか?とにかくラインナップが凄すぎる。

 

レイデオロ、レイエンダ、グランアレグリア、シェーングランツ、タワーオブロンドン、サトノアレスと強豪馬が勢ぞろい。

 

特にレイデオロとレイエンダ兄弟の直接対決が有馬記念辺りで実現するかもしれないと思うとワクワク感が止まらない。

流石に以前から言っていた『レイエンダはレイデオロ以上の逸材かもしれない』という言葉は取り消さないといけないのかもしれない。

 

昨日のレース振りからだとレイデオロ天皇賞ジャパンC有馬記念のトリプルコンボをやってもおかしくない。

藤沢厩舎の事だから、ジャパンC有馬記念のどちらかに照準を合わせて来るとは思うが、両レースに出走するならばその可能性は低くはないと思う。

 

ただ、ルメール騎手はジャパンCで多分あの馬に騎乗すると思う。その時、誰が代打騎乗するのか?ルメール騎手以上の騎手は今のところ日本人騎手にはいない。短期免許で来日する外人騎手しかいないだろう。その辺が最大の難関になりそうな気がする。

 

レイエンダも次走はチャレンジC出走らしいが、まず負けないと思う。

競馬ファンの為に是非ともチャレンジCから有馬記念を目指して欲しい。

兄弟対決と言えば、ひと昔前のナリタブライアンvsビワハヤヒデという究極兄弟対決は実現する事はなかった。

レイデオロvsレイエンダは、それに勝るとも劣らない兄弟対決だと思う。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。