アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 有馬記念 穴馬券を獲る為のキーワード

こんにちはノビーです。

 

朝日杯FSグランアレグリア撃沈・・・

 

グランアレグリアに感じていた嫌な予感がズバリ的中してしまった。

 

グランアレグリア自体は今までと同様の力を出し切ったはずなのに勝ち馬アドマイヤマーズから0.4秒差3着と完敗。

 

何故あそこまでの完敗を喫したしまったのか?

藤沢厩舎特有の馬を大事にし過ぎたのが裏目に出た結果だと思う。

これまでのレースや調教で負荷をかけなさ過ぎた。牡馬の一線級とやるにはひ弱過ぎたのだ。

 

4コーナーでアドマイヤマーズに並ばれてから少しは抵抗するのかなと期待したが、何も出来ない始末。

寮馬シェーングランツの方がまだましだった。あの馬は一応最後まで抵抗した。次はやってくれるだろうと思わせる内容だった。

しかし、昨日のグランアレグリアにはそれが無かった。勝負根性のかけらもなかった。

最後はクリノガウデイーにまで交わされる羽目になったが一流牝馬の資質を備えた馬なら交わされる事は無かったはず。

 

昨日のレース結果から今後グランアレグリア絡みの馬券は買わないと思う。あの最後の直線を見る限り今後この馬がどんな馬になって行くか大体想像出来た。

今回のグランアレグリアの件で自分の相馬眼がかなり落ちている事を実感した。もっと真摯に競馬を研究しなければいけないと思った。

 

そして、今週は今年最後の古馬G1レースである有馬記念が行われる。

過去有馬記念で何度かどでかい穴馬券をゲットして来た。G1レースの中で1番得意としているレースである。

本日は自分なりの『有馬記念とはどういうレースか?』と偉そうに講釈を垂れてみたいと思います。

 

 

 

有馬記念

 

過去様々なドラマが繰り広げられたG1レースの中でも一番好きなレースである。

 

オグリキャップの奇跡のラストラン

 

トウカイテイオー1年ぶりの復活劇

 

外馬グラスワンダー古馬撃破して復活

 

メジロパーマー逃走劇

 

あっと驚くダイユウサク

 

挙げればキリがないほどのドラマが展開され、競馬ファンを感動させ、驚愕させて来た。

 

もちろんオルフェーブル、キタサンブラックシンボリクリスエスディープインパクトのように危なげなく勝利したレースも数々ある。

 

個人的見解だが、有馬記念のキーワードは『ラストラン』、『復活劇』、『中山巧者』、『長距離適性』、『血統』、『疲労度』、『騎手』だと思っている。

これらを総合的に考えてこれだと思った馬を毎年狙っている。

人気があるかないかなんて関係ない。去年も『騎手』『中山巧者』『ラストラン』の3つのキーワードに当てはまったクイーンズリングを買い目に入れた。ただ、『疲労度』『中山巧者』でひかかったシュヴァルグランを軽視して馬券は外してしまった。

馬連なら取っていたのだが、得意技の馬券戦略の組み立てが上手く行かず3連複キタサンブラック、スワーヴリチャードの2頭軸で行ってしまった。

 

キーワードで1番重要視しているのが『中山巧者』である。過去中山重賞レースで好走した馬は近走凡走していても要注意である。特に非根幹距離の中山重賞を勝った馬。

穴を開けるのはこのタイプしかないと思っている。

中山コース未経験の馬でも母や兄弟、叔父や叔母がそうだったら警戒しなければいけない。

 

とにかく有馬記念は1年に一回のお祭りである。各陣営目立ってやろうと奇襲作戦を仕掛けたりして予想出来ない展開になる場合がある。

そんな時に中山巧者ぶりを発揮して好位置でレースをしたものが有利にレースを進める事が出来るのではないだろうか?

今年も面白い馬が数頭いる。

明日から有馬記念特集として最後の力を振り絞って予想して行きたいと思っている。