アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 2歳牡馬 大物候補 サートゥルナーリア 中山コースは大丈夫か?

こんにちはノビーです。

今年最後のJRAのG1レース  ホープフルS

巷では、あの馬が断然の人気を集めている。

 

あの馬とは稀代の名牝シーザリオの仔『サートゥルナーリア』

 

前2戦とも超良血馬らしい大物感溢れる走りで楽勝している。前走萩Sはレースというより調教ではないか?と思えるようなレース。

ノーステッキであの反応なら、デムーロ騎手がビシッと追ったらどれだけの末脚を爆発させるのか?

この馬の強さに呆れてしまった。

本日はサートゥルナーリアをピックアップしてぶった切ってみたい!

 

 

サートゥルナーリア

 

 

ホープフルSでこの馬を本命にするのか?

予想前ではあるがここで宣言させて頂く!

 

『私は、サートゥルナーリアを本命には致しません!』

 

 

サートゥルナーリアのファンの方には申し訳ないが、ホープフルSは何かに負けるような気がしてならない。

この馬の強さは百も承知!

大物である事も疑っている訳ではない。来年のクラシック戦線を引っ張って行くの中の一頭だとも思っている。

ただ、あのアーモンドアイですら新馬戦では負けている。

サートゥルナーリアのそれが今回のホープフルSだと思える。

 

 

今からサートゥルナーリアの不安な点を2点ほど述べていく。

 

 

血統

 

母親のシーザリオがこれまで出した主な活躍馬は、皆さんもご存知のようにエピファネイアリオンディーズ、グローブシアターの3頭。

グローブシアターは微妙だがエピファネイアリオンディーズと2歳時からとんでもないポテンシャルを発揮していた。今のサートゥルナーリアも兄達と同様に高いポテンシャルを発揮している。

兄3頭に共通する点がある。3頭とも初黒星が中山2000である事。

リオンディーズの負けた相手は後々ダービー馬であるマカヒキからしょうがないにしても、エピファネイアカミノタサハラ、ミヤジタイガ、コディーノと負けなくてもいい相手に先着されている。

 

2頭とも最後の中山坂に苦戦しているのが共通点。

その後リオンディーズは引退してしまったので何とも言えないが、菊花賞ジャパンCまで勝ったエピファネイア皐月賞では2着、有馬記念では5着と中山コース0勝で引退。

 

シーザリオの仔達にとって中山コースは鬼門なのではないだろうか?理由は良くわからないがこれまでの産駒が一勝も出来ていないのは事実である。

シーザリオ自身中山コース2勝しているにもかかわらずである。本当に血統とは摩訶不思議なものである。

 

ホープフルSの傾向

 

重賞に格上げされた2014以来勝ち馬全て距離2000を経験している。このレースを勝つには距離2000経験は必須なのではないだろうか?

サートゥルナーリア陣営がその経験をさせずにこのレースにぶつけて来たのは何故だろうか?

 

距離経験などさせなくても勝てる自信がある。

ここは別に勝たなくても来年に繋がればOKである。

個人的見解は後者だと思っている。前者ならわざわざブレーキングドーンと2頭出しなどしないはず。

 

サートゥルナーリアが2000が駄目と言っているのではない。ただ、まだ完成途上の若駒に2000という距離は決して楽ではないはず。経験しないよりは経験させていた方が良いとは思う。

 

今回サートゥルナーリアの不安な点を挙げたがあくまでも個人的見解なのでファンの方は気にしないでいただきたい。

競馬にはいろいな見方があるので、それらの内の1つだと思って頂ければこれ幸いです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。