アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 ホープフルS 未来の怪物候補サートゥルナーリア退治に挑む3頭はこの馬達だ!

こんにちはノビーです。

昨日のブログで『私は、サートゥルナーリアを本命には致しません。』宣言をしてから何度もサートゥルナーリアの過去2戦の映像を見返した。

改めてサートゥルナーリアの強さを認識させられるだけだった。他馬とはモノが違いすぎる。

宣言撤回せんとまずいかな〜と思いながら何かウイークポイントはないのかと懸命に探した。

 

ウイークポイントになるかどうかはわからないが1つだけ気になる点を見つけた。

ここからは完全な個人的見解なので的外れな事を言っているかもしれないので鵜呑みにしないでいただきたい。

新馬戦、萩Sの2戦を見ていて感じた事がある。

何か遊びながら走っている感じがする。馬が幼い?』

そう思ったので新馬戦と萩Sパドック映像から何か得られないかと思って見てみた。

1つだけ気になる場面を見つけた。

萩Sパドックで手綱を引く厩務員に甘える場面があった。やはり子供みたいなところもあって気性面ではそう完成度は高くないのでは?

馬体や走法は相当なポテンシャルを持っているが、精神面はまだまだなのかもしれない。

他馬が付け入る事が出来るとしたらその辺りかもしれない。

 

本日は、その辺りに付け入る事が出来る馬をピックアップしたみたいと思う。

 

 

打倒サートゥルナーリア

 

サートゥルナーリアに勝てるとしたら次の3頭か?

 

ニシノデイジー    

ヴァンドギャルド

ブレーキングドーン

 

3頭に共通する点は『重賞で厳しい競馬を経験している』

サートゥルナーリアを破るとしたらピタッと馬体を併せて叩き合いに持ち込むしかないと思う。とにかく道中もしつこくマークしてプレッシャーを与え続ける。

流石のサートゥルナーリアもニシノデイジー、ヴァンドギャルド、ブレーキングドーンにそんな競馬をされたらかなりの苦戦が予想される。

 

馬群を割って鋭い末脚を発揮する事が出来るヴァンドギャルド

 

前走京都2歳Sで素質馬クラージュゲリエと馬体を併せて叩き合いを演じ最後まで抵抗したブレーキングドーン。

 

そして、その2頭を上回るであろう勝負根性を発揮して低評価ながら重賞2連勝中のニシノデイジー

 

 

サートゥルナーリアはまだ厳しい競馬を経験していない。そういう展開になったらどう対応するのだろうか?中山2000というコースはスピードだけでは乗り切る事は出来ない。スピードとパワーを併せ持つ馬でないと厳しいコース。

 

もし18頭という多頭数の中で包まれた場合どう対応するのだろうか?馬群を割れずに右往左往する可能性もある。

そういった不利を避ける為に外を回す選択を取った場合ニシノデイジーやブレーキングドーン、ヴァンドギャルドを差し切れるのだろうか?

 

未来の怪物候補サートゥルナーリア退治にニシノデイジー、ヴァンドギャルド、ブレーキングドーンが挑む。

今年最後に東スポ杯2歳S以上の大接戦が見られるかもしれない!その中から抜け出した馬が来年のクラシック路線を引っ張って行く事になるのは間違いないだろう。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。