アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2019 平成最期の皐月賞 デムーロの執念 アドマイヤマーズが勝つ

こんにちはノビーです。

本日をもって当ブログを閉めます。

これが最期のアップとなるので気楽に予想をしていきたいと思う。

 

今年は京都金杯を一点で獲ったり、ダイヤモンドステークスでサンデームーティエを強く推して3連複万券を4点で獲ったりと絶好調であった。しかしここに来て停滞気味に陥り、資金をかなり減らしているのが現状である。

 

いろいろ理由を考えた結果、この悪い流れを断ち切る為には、このブログを閉めるのが一番効果的だろうという結論に至った。

 

まぁー所詮は競馬予想なんて水物。自分は人様に予想を披露するような人間ではない。

競馬予想という本質を掴むまでは、まだまだ勉強が足りない。

これからも辛抱強く無限に広がる競馬予想という荒野を突き進むしかないのだろう。

 

 

皐月賞

 

 

今年の皐月賞はサートゥルナーリアをどう扱うかが鍵となる。

『平成最期の怪物』なのか?

『化けの皮が剥がれる』のか?

 

単勝オッズが現時点で1.6倍ということは、殆どの人が現時点においてサートゥルナーリアを怪物だと思っているのだろう。

 

過去78年一度も年明け初戦で皐月賞を勝った馬はいないというのにこの人気は何か違和感を感じる。

桜花賞は来たかもしれないがそんな事が2度も続けざまに起こるか?

 

 

今回勝てば堂々と令和の怪物と呼んでもいいのではないだろうか。現時点で怪物怪物言うのはどう考えても時期尚早。

サートゥルナーリアは強いし、そのポテンシャルの高さは認めるが、世間が言うほどとんでもない化け物だと正直思わない。

 

 

本命◎ アドマイヤマーズ

 

サートゥルナーリアの全てを知るデムーロ騎手を背に1枠1番から絶好のポジションを取るとみた。

サートゥルナーリアも強いが、桜花賞馬を正攻法でねじ伏せて戦意喪失させたこの馬も強い。サートゥルナーリアより先に仕掛ければ勝機は必ず訪れるはず。後はデムーロ騎手の勝利に対する執念があるかないかだけ。

共同通信杯でダノンキングリーに負けたのは休み明けの分仕上げが甘かったからか?

ダービーの事など考えずに思い切った競馬を期待したいし、そうでなければサートゥルナーリアを負かす事は不可能だろう。

 

 

対抗◯ サートゥルナーリア

 

 

この馬の最大目標はダービー。

陣営は皐月に対してそこまでこだわっていないような気がする。

それに調子を取り戻したとはルメール騎手が本当にサートゥルナーリアと手が合うかなんて現時点ではわからない。

個人的にはサートゥルナーリアはデムーロ騎手とのコンビがベストだと思う。

 

この馬は過去3戦とも最期の直線inから抜けて来た。

今のルメール騎手が6枠12番スタートから最期の直線でinを突くようなギャンブルをするわけがない。必ず不利を受けないように外を回しながら王道競馬に徹するはず。

賢いサートゥルナーリアはいつもと違う戦略やあたりに相当戸惑いをみせるはず。その辺が最期の直線に影響して勝ちを逃すような気がする。

ただ、間違ってま馬券圏外に飛ぶような事はないだろう。

 

馬券戦略

 

 

馬連  1ー12

馬単  1ー12

 

 

最期の勝負はデムルメ馬券で行く。今まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 桜花賞 クロノジェネシス 新時代へ

こんにちはノビーです。

 

平成最期の桜花賞が明日に迫っている。自分が競馬というものと出会って最初にやったレースが平成元年の桜花賞であった。

 

当時高校を卒業したばかりでバイトをしながら専門学校に通っていた。バイト先の先輩に誘われ付き合い程度に2000円分の枠連馬券を買った記憶が今でも微かに残っている。

その時勝ったのが若き頃の武豊騎乗のシャダイカグラだった。

あのレースから29回の桜花賞を見続け、全てのレースで馬券を買い続けた。

正直言うと桜花賞とは本当に相性が悪い。

ズバリ大本線で的中させ大勝した記憶がない、

 

平成最期の桜花賞

今年は難しいレースになるだろう。

 

 

桜花賞

 

毎年このレースで重要になってくるのがチューリップ賞組をどう扱うかという点。

今年のチューリップ賞組は個人的にはあまり評価していない。

阪神コース3戦3勝のダノンファンタジーは成長性という観点からは、4連勝の実績があっても強くは推せない。この辺りでライバル達に逆転を許すのではないか?

2、3着の馬も本番で更に力を発揮するタイプには思えない。

 

ダノンファンタジーと人気を分け合っているグランアレグリアも何となく嫌な雰囲気を持っている。牡馬相手とはいえ同コース同距離で一度ケチがついた。食い下がるそぶりも見せなかっという事は勝負根性がない証拠。

 

今年はチューリップ賞組ではなく別路線から予想を組み立てて行く。今回も御託を並べるような事はしない。直感と何度も関連レースVTRを観た結果がこういう予想になりました。

 

 

本命◎ クロノジェネシス

 

 

対抗◯ エールヴォア

 

 

単穴▲ シェーングランツ

 

 

連下△ アクアミラビリス

 

 

連下△ ルーガールカルム

 

 

連下△ ダノンファンタジー

 

 

馬券戦略

 

 

 

3連単6頭Box

 

 

1  2  4  5  9  15

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございした。

 

重大決心

こんにちはノビーです。

突然ですが、まずは重大発表から!

 

『今週の桜花賞と来週の皐月賞を以って競馬予想をブログにアップするのをやめます!』

 

宝塚記念まではやり遂げようと思ったがこの辺が潮時かなと思っている。

 

この数年間、専業投資家として飯を喰って来たのだが、去年は本当にボロボロ状態。ピークが去年の12月頃、本当に退場一歩手前まで叩き落とされアベノミクスで積み上げた利益余剰金を全て吐き出した。

当分の間は株式投資による復活は無理かなと思い絶望したのを今でも覚えている。

 

だがここに来てようやく復活の兆しが見えて来た。

 

とにかく今は、株専業に戻る為に資金を復活させる事以外は頭にない。

来週の予想を最後に競馬予想ブロガーを卒業します。今までありがとうございました。

 

 

本日のおまけ予想

 

 

 

阪神牝馬

 

本命◎ ラッキーライラック

 

対抗◯ クロコスミア

 

単穴▲ カンタービレ

 

連下△ リバティハイツ

 

連下△ ミエノサクシード

 

連下△ ダイアナヘイロー

 

 

 

NZT

 

本命◎ アガラス

 

対抗◯ ジョーヒデラキ

 

単穴▲ ホープフルサイン

 

連下△ カルリーノ

 

連下△ ココフィーユ

 

連下△ エリーバラード

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。桜花賞予想は夜か明日一番でアップします。

 

 

 

 

 

 

2019 大阪杯 覇王の道を歩むか?ブラストワンピースが勝つ⁉︎

こんにちはノビーです。

昨日の興奮がまだ冷めやらぬまま大阪杯の予想は正直きつい。

きちんとした判断が出来るか心配だ。

 

それにしても昨日のアーモンドアイの強さは半端ない強さだった。あのメンバーであの勝ち方は当たり前と言えば当たり前ではあるが、海外できちんと結果を残せた事が大きい。

 

 

他の日本馬も勝てはしなかったが大健闘した。その中でも目を引いたのがマテラスカイ。

ロエイチが出走取消したとは言えあの猛者を相手に2着は凄い。まぁ〜あり得ないだろうと馬鹿にして無印にした事を後悔している。

 

大魔神の愛馬2頭も頑張った。ヴィブロスシュヴァルグランもやはり大魔神の馬である。

2頭とも相手が悪かった。

大魔神メジャーリーグで大活躍した男。何かの縁で愛馬も海外で抜群の強さを発揮する。

ヴィブロスはこれで引退らしいが、シュヴァルグランにはボウマン騎手とのコンビで海外競馬で大暴れして欲しい。

 

では本日の予想に行ってみたいと思う。

 

 

 

大阪杯

 

 

今回このレースを的中させる最大のポイントはブラストワンピースとステルヴィオをどう扱うかだ!

G2時代のレースを含め関東馬が19連敗中というのがこのレース。

G1に昇格した最近には当てはまらないがG2時代は天皇賞のステップレースとしての色合いが濃かったので有力関東馬は、ここより日経賞へ向かったのが原因だとは思う。

そこまで気にしないで良いとは思うが事実は事実なので嫌な材料である事は間違いない。

 

後はキセキの取捨選択。去年は今どき有力馬としては珍しい秋4戦というローテーションでそれも全てが激闘。

なかでもラストの有馬記念はダメージがかなり残ったはず。

そのダメージが抜け切れていなければ今回惨敗もあり得ると思っている。

それにこの馬は非社台系だ。社台系にチームプレイを仕掛けられたらかなり厳しい競馬になるだろう。

 

 

本命◎ ブラストワンピース

 

関東馬19連敗中?そんなの関係ねぇー!

シルクジャスティス臭がする?そんなの関係ねぇー!休み明けがする心配?ノーザンファームがしっかり仕上げきます!池添騎手はこの馬にかなりの自信を持って乗るはず。まぁ連対は確保するとみた。

 

対抗◯ ペルシアンナイト 

 

昨年の2着馬が現在のところ5番人気。このオッズは美味しい。休み明けは走らないのはこの馬にとって定説。

鋭い牙で猛然と獲物に襲いかかるような直線の脚が今回は見れそう。

 

単穴▲ ステルヴィオ 

 

2000という距離が微妙ではあるが、昨年3歳でマイルの王者に輝いた実力は軽視出来ない。

中山記念は如何にもトライアルらしい競馬をした。天栄仕上げの一発が怖い!

 

連下△ サングレーザー

 

ディープ産駒で買うならこの馬か?何故か一昨年のステファノスを彷彿させる。1600と2000の重賞を勝っているのが強み。

本質的にはマイラーだが流れ次第では上位に食い込める力はある。

 

連下△ キセキ

 

上手く先行すればアッサリがあっても驚かないのだが、昨年のローテーションがどうしても気になる。ただ、常に全力で走ってくれるので軽くは扱えない存在。

川田騎手の手腕に期待したい。

 

連下△ エアウィンザー

 

無類の阪神巧者で距離2000も馬券圏内を外した事がない。当初は本命も考えたが、流石に昨年重賞勝ちゼロの浜中騎手では強気にはなれない。善戦して掲示板が精一杯か?

 

 

馬券戦略

 

 

枠連

 

5ー7

 

3連単1頭軸流し

 

7ー6  8  9  11 12

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

2019 ドバイ国際競走 今夜は眠れない!

こんにちはノビーです。

いや〜先週の高松宮記念はちょっと有り得ないというくらい荒れた。あってはいけないようなレベルの荒れ方で、馬券を買う身としては本当に納得出来ないレースとなってしまった。

 

今週は大阪杯、ドバイ国際競走が行われる。先週の嫌な雰囲気を吹っ飛ばすような好レースを期待している。しかし、不穏な空気はまだ継続しているような気がしてならない。

 

今週は予想レース数が多いので御託を並べている暇はない。早速予想の方に行ってみたいと思う!尚、回収率100%越えをしなければ競馬ブログ閉鎖は継続しているので安心して貰いたい。

 

達成出来なければ予想をネットに垂れ流す資格無しとみてきっぱり辞めます。

かと言って複勝やワイドとかでちまちま行く事は絶対にしない!穴党としてガンガン攻めますので

 

 

 

 

ドバイゴールデンシャヒーン

 

三度目の正直でエックスワイジェットが勝つ。去年はロエイチとのデットヒートを制して勝ったかに思われたところをマインドユアビスケッツの強襲をくらった。

 

今年はインペリアルヒントとの一騎打ちとなる公算が高いが、どちらかが最後潰される可能性もある。

そうなった時には中団で脚を貯めている馬にチャンスがあるかもしれない。

 

 

本命◎ エックスワイジェット

 

対抗◯ テイトーキー

 

単穴▲ インペリアルヒント

 

連下△ ドラフテッド

 

連下△ ファイトヒーロー

 

 

馬券戦略

 

馬連

3ー8

2ー3

3ー5

3ー10

 

 

ドバイターフ

 

アーモンドアイの7連勝成るか?誰もがこの馬に期待しているし、勝つと信じて疑わないだろう。

初の海外遠征でそれもジャパンC以来の競馬、それに1800は初距離である。普通のG1馬ならここで連勝はストップする。それをアッサリ克服するのがスーパーホースというもの。全く問題ない!

初の海外G1制覇は間違いないと言いたいところだが、懸念材料が一つだけある。

鞍上のルメール騎手!それだけが心配。

日本だと無双状態のルメール騎手だが、日本から一歩出ればただの一流騎手。超一流騎手が集結するこのドバイで下手をやらかす危険性がある。

もう本当そこだけ。それがクリア出来れば負ける事はない。万が一があるとすれば逃げ馬、先行馬の一発か?この馬が後ろから差される事はまずないだろう。

 

個人的にはアーモンドアイに勝って欲しいし、勝つと思っている。しかし、今回ルメール騎手がどうしても引っかかってしまう。連勝は6で止まるような気がする。

 

 

 

本命◎ ドリームキャッスル

 

 

対抗◯ アーモンドアイ

 

 

単穴▲ ウィズアパトロール

 

 

連下△ ディアドラ

 

 

連下△ ヴィブロス

 

 

連下△ サウザンレジェンド

 

 

3連単フォーメンーション

 

 

1  2  3  4  12→7→1  2  3  4  12

 

7→1  2  3  4  12→1  2  3  4  12

 

 

ドバイシーマクラシック

 

w.ビュイック騎手の3連覇が懸かっているレース。相棒はオールドペルシアンだが、前走を見る限りかなりの勝負根性を持ち合わせている馬と見た。

日本の総大将レイデオロがw.ビュイック騎手の3連覇を阻む筆頭候補だが、海外競馬でいつもの強さを発揮する事が出来るかが鍵となる。

直線叩き合いに持ち込まれた場合、日本馬総崩れの展開もあるのかもしれない。

いくらレイデオロ級の馬であっても、海外G1を勝つ事の難しさをw.ビュイック騎手が日本人にわからせるようなレースになると思う。

 

 

本命◎ オールドペルシアン

 

 

対抗◯ レイデオロ

 

 

単穴▲ シュヴァルグラン

 

 

連下△ スワーヴリチャード

 

 

連下△ レーシングヒストリー

 

馬券戦略

 

馬連

 

2ー6

1ー2

2ー7

2ー4

 

 

ドバイワールドカップ

  

UAE vs USA というダート帝国の威信をかけた物凄い勝負が見られそう。

タレント揃いのUAE馬に7頭という数で挑むUSA馬であるが、今回は量より質で勝負が決まるだろう。

 

本命◎ キャッペッザーノ

 

 

対抗◯ ガンナヴェラ

 

 

単穴▲ オーディブル

 

 

連下△ ヨシダ

 

 

連下△ シーキングザソウル

 

 

連下△ サンダースノー

 

 

馬券戦略

 

 

馬連

 

1ー2

2ー4

2ー10

2ー5

2ー12

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 高松宮記念 ナックビーナス 昨年の雪辱を果たす!

こんにちはノビーです。

土曜日の日経賞毎日杯は見事に完敗。

エタリオウが負けるのは予想出来た。

まさかぶった切ったメイショウテッコンにあそこまで鮮やかに逃げ切られるとは思わなかった。

 

昨日のブログで何故か競馬とは全く関係ないイチロー事を書いた。

そして、武豊イチローが親交が深いという事を先程知った。もしその事を日経賞の前に知っていたら本命する事はなかっただろうが、ぶった切る事はなかっただろう。勝手な想像だが、あの鮮やかな逃げ切り勝はイチローに対する武豊の想いだったのかもしれない。

 

イチロー関係の話でこれは全くの余談になるが、面白い事が土曜日の中京11レース名古屋城ステークスで起こった。

 

名古屋といえばイチローの生誕の地。その名古屋城ステークスの枠順を見ていてふと思った。1枠に入った2頭の馬名

 

1枠1番 タガノヴェローナ

1枠2番 アイファーイチオー

 

2頭の馬名文字を合わせてイチローが完成する。くだらねーと思いながらも何か引っかかった。

 

昨日引退を表明したばかりのイチローの件とレース名が名古屋城ステークス。

これはどう見てもサイン馬券だろ!

2頭とも人気的に来ない馬でもないので買う事にした。

 

1番人気スズカフリーオーソ

2番人気メイショウワザシ

この2頭と1枠2頭を絡めた馬単4頭Boxを買った。

 

流石に勝負レース日経賞の前なので軽く遊ぶ程度の金額しか買わなかった。

結果は1着アイファーイチオー、2着メイショウワザシで決まり馬単6270円というなかなか美味しい馬券となった。

このレースを取ったお陰でなんとか日経賞毎日杯の損失をカバー出来た。

 

まぁこんな事がたまに起こるのが馬券の奥深さであり面白さなのだろう。

 

では!春のG1シリーズ第1弾高松宮記念の予想に行ってみたい。

 

 

高松宮記念

 

 

本命◎ ナックビーナス

 

2走前のカーバンクルSでは58キロを背負いながら連対するというこの馬底力をまざまざと見せつけられた。去年の3着馬が万全の状態で挑んで来るのだから本命を打つしかない。

本音を言えば昨年と同じ三浦騎手に乗って欲しかったが、大野騎手も短距離G1なら信頼は出来る騎手。

ファインニードル、レッドファルクスがいなくなったスプリント界を引っ張って行くのはこの馬しかいない。

 

対抗◯ ダノンスマッシュ

 

短距離界の絶対王者だったロードカナロアの息子が初のスプリントG1にチャレンジする。

ロードカナロアでさえ初G1挑戦は3着。息子がそれを上回ることが出来るのか?

うーん正直そこまでの馬ではないような気がする。絶好調とはいえG1未勝利の北村祐一騎手ってのも気になる。連は外さないとは思うのだがどうだろうか?

 

単穴▲ デアレガーロ

 

穴ならこの馬以外ないと思っている。前走馬体32キロ増えて勝ったのは脅威。前走フロック視されているが、チャンスに強い池添騎手ならもう一丁あっても不思議ではない。

枠も8枠に入ったので極端な競馬で勝負を仕掛けて来るだろう。

 

連下△ モズスーパーフレア

 

勢いはNo. 1といってもいいのだが、流石にG1ともなると楽に逃げさせてはくれない。

ラブカンプー、セイウンコウセイ辺りの出方が気になるところ。

ポンと出て突き放してどこまで行けるか?

今回は厳しいとみて印を落とす。

 

連下△ ロジクライ

 

距離が心配されているが、そこまで気にしなくて良いのではないだろうか?中京1200はパワーとスタミナが鍵なので案外有利に働くとは思っている。ただ、流石にG1で1200未経験は強気に推す事は出来ない。

ノープレッシャー時のルメール騎手は神騎乗をする時があるので警戒しなくてはいけない1頭である事は間違いない。

 

連下△ レッツゴードンキ

 

2年連続2着とはいえ既に6歳を過ぎて峠を越している馬。前走2着はこの馬の好走パターンに当てはまったから。

連続して好走する事が少ない馬のなので今回は心配の方が大きい。

前回は本命に推したが今回は印を下げる。

 

 

連下△ ティーハーフ

 

9歳馬だからといって侮るべからず。騎手も国分優作騎手で未だ1勝しか挙げていない。

常識的には買いづらい1頭だが、無欲の一発で3着なら可能性はある。

中京芝1200でビックアーサーの2着をしたこともあるので、穴党としては何かを感じてしまう。

 

馬券戦略

 

3連複1頭軸

9ー5  8  12  13  15  16

 

枠連Box

5ー7  5ー8  5ー6  4ー5

6ー7  7ー8 4ー7

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。尚、マーチSの予想は非公開にする事にした。

 

 

 

2019 日経賞 ステイゴールド産駒対決を制するのはルックトゥワイス

こんにちはノビーです。

競馬とは全く関係ない話から入る。

 

イチローが引退した。

 

野球には全く興味ないのだが、流石にイチローの引退は日本人として何かが心にズバッと突き刺さった。

 

野球の事をあまり知らない自分がイチローに抱いているイメージは、世間一般から見た才能とか天才というものとはかけ離れている。

 

誰が何と言おうと自分の思った事、やりたい事を貫き通した偏屈な男。

そういったイメージはイチロー選手には失礼かもしれない。ただ陳腐に思える才能や天才という言葉よりもイチローには合っているような気がする。

 

そして野球というスポーツを愚直にやり続けた結果、メジャーリーグという最高峰の舞台で頂点を極めた。

モンスター級のメンタルを持った本当に凄い男だと思う。

 

イチロー選手が今まで見せてくれた事は、日本人にとっては誇りであり大きな財産だと思う。

 

どんな事だっていい!自分の思った事、やりたい事を誰に何と言われようがとにかくやり続けようよ!

 

彼はプレーを通して日本人にそう訴え続けていたに違いない。

 

 

では!約30年間近くやり続けた競馬予想の方にいってみたいと思う。

 

日経賞

 

本命 ◎ルックトゥワイス

 

この馬が日経賞に出走して来たら本命を打つと前から決めていた。グレイトフルSのレース振りから類い稀な中山芝2500の適正を感じた。

あの競馬を再びされたら流石のエタリオウも正直きついと思う。ここを勝つようなら一流馬の仲間入りを果たし宝塚記念まで目が離せない存在になるだろう。

 

対抗 ◯エタリオウ

 

この馬はドラマチックな馬だと思っている。この馬の実力を持ってすればこのレースは通過点となる可能性は高いのだが、この馬の運命がそうはさせない。

1勝馬天皇賞制覇という珍記録を競馬ファンの誰もが期待している。それに応えてくれるはず。今回は届かず2着で負けてなお強しとなる。

 

単穴▲ チェスナットコート

 

豪州遠征帰りで嫌いたいところだが、あの遠征はこの馬にとってもう一段上の成長に繋がるような気がしてならない。

若手有望株の坂井騎手がどう乗るか楽しみ。

昨年の日経賞で魅せたロングスパートが決まれば、このメンバー相手でもかなりの確率で勝ち負けに持ち込めるはず。

 

 

連下△ カフェブリッツ

 

芝レースを使い出してからかなりの安定感が出て来た。

トリッキーな中山2500はこの馬にとってベストなはず。力量的には疑問を感じるが中山2500マイスター蛯名騎手の乗り方次第では波乱を巻き起こす可能性もある。

 

連下△ サクラアンプルール

 

脚の使いどころが難しい馬ではあるが中山コースでは常に警戒はして置きたい1頭。

先週のロードヴァンドールでとんでもない騎乗をやってのけた横山騎手だけにまた何か予想もつかない事をやって来るはず。

 

連下△ クリンチャー

 

正直今回はいらないと思っているが、今現在雨が降っていて馬場が悪化する可能性があるので買い目には入れておく。

この馬の道悪巧者は馬鹿に出来ないし、ノリに乗っている三浦騎手というのも不気味。

ただ、パドックと馬場次第では切る可能性もある。

 

 

馬券戦略

 

 

3連複1頭軸

 

6ー4  7  9  11 12

 

馬単

 

6ー7

6ー11

6ー9

6ー4

6ー12

 

 

毎日杯(おまけ予想)

 

明日の高松宮記念もある事だし、ここは軽く遊ぶつもり。詳しい解説なしの予想のみ。

ただ、マイネルフラップの馬券圏内はかなり堅いと思う。前走直線で外に膨れなければ差し切っていたはず。吉田隼人騎手も同じ轍は踏まないと見た。

単勝で思いっきり勝負したい衝動に駆られるがここは我慢。

 

 

本命◎ マイネルフラップ

 

対抗◯ アンドリューズ

 

単穴▲ ヴァンドギャルド

 

連下△ ランスオブプラーナ

 

連下△ キングオブコージ

 

 

馬券戦略

 

馬連

 

9ー11

11ー13

1ー11

4ー11

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。