アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 府中牝馬ステークス ディアドラが女王の貫禄を見せ付けるか?

こんにちはノビーです。

昨日は1年半ぶりにサトノダイヤモンドが白星を挙げた。完全復活とは言い難いが、原因不明の不調から脱する勝利である事は間違いなさそう。

後はこの馬本来得意とする長距離レースを選択し、無理をせず国内G1に専念すれば完全復活の目はある。2年前にはキタサンブラックを破った馬。まだまだG1戦線で主役を張れる力は持っている。次走はジャパンCか?そこでどのような競馬を強豪相手に見せるのか?楽しみである。

 

2着にはレッドジェノヴァが入った。予想通りの快走を魅せてくれ、今後が楽しみである。

逃げると思ったが、やはり池添騎手は逃げなかった。池添騎手の騎乗に関しては賛否両論あるが、個人的にはこの馬の新たな面を引き出した好騎乗だと思う。あの騎乗は最初から逃げる気は無かったのではないか。それでも勝つ自信が池添騎手の中にはあったのだろう。

道中INでずっと我慢させて、4コーナー手前で他馬がスパートをかけても慌てず内からスルスルと抜けて来た時は、この馬の底知れぬ強さを垣間見た気がした。

もし次走エリザベス女王杯に出走出来たとしたら台風の目となる馬はこの馬に間違いないと断言する。

 

シュヴァルグランは予想通りの結果。やはりシュヴァルグランは福永騎手では走らない。どうやらボウマン騎手じゃないとあの闘争心溢れる走りは引き出されないのだろう。

福永騎手が悪いのどうの言っているのではなく相性の問題。こればかりは仕方ないと思う。

 

馬券の方は惜しくも3連複一点買いの方は外したが、馬連は的中出来た。一時の絶不調からは抜け出せた感触は感じているが、まだまだ修正は必要だと感じている。

秋のG1戦線はこれからが本番なので、一層の飛躍を誓い楽しみながら予想していきたい。

 

本日は土曜日に東京競馬場で行われる府中牝馬ステークスを考察していきたい。

レース自体は、あの馬が十中八九勝利を手にすると思っている。

 

 

府中牝馬ステークス

 

 

ディアドラ

 

 

この馬の秋初戦を首を長くして待っていた。

あの衝撃のクイーンSから2ヶ月ちょっとしか経ってないのだが、何故か長く感じた。

この2ヶ月ちょっとの間、更なる成長を遂げているに違いない。この馬はまだまだ強くなる。

 

休み明けだろうが、斤量56キロだろうが関係ない。今牝馬でこの馬に勝てる馬がいるとしたらアーモンドアイ一頭のみ。

そのアーモンドアイも今週日曜に三冠達成を賭けて秋華賞に出走する。

どちらがより衝撃的な勝ち方をするのだろうか?距離適性が違うので今後戦う機会はないかもしれないが、いずれ真の女王決定戦が実現するのを願いながら、両レースを見比べて見るのも面白いだろう。

 

府中牝馬ステークスは有力馬が多数出走するが、正直決着は既に着いている。

リスグラシュー、ミスパンテールあたりが斤量の恩恵でどこまで迫れるかといったところだろう。

 

しかし、ここまでこの馬が強いと思う根拠は何か?

勿論現時点での完成度もかなり高いと思っているが、もう一段上のレベルに達する可能性があると思っている。

この馬の一族には活躍馬が多く、その中でも特筆ものが母ライツェントの姉アコースティクスの最高傑作ロジユニヴァース

あの不良馬場をものともせず4馬身の圧勝劇を演じてダービー馬に輝いた。

この血統背景と父ハービンジャー産駒牝馬の勢いを持ってすれば、もう一段化ける可能性がある。

 

ディアドラもロジユニヴァースのようなスター性を持つ馬だと確信している。ディアドラの大外をぶん回して差し切る姿が、それを証明しているのではないだろうか?

大舞台であれ以上の脚が爆発する機会が、必ずもう一度訪れると思っている。

 

秋華賞馬という称号は手中に収めているが陣営としても、あと一つ大きな勲章が欲しいところだろう。

 

今後どこに照準を合わせているのか?

有力候補は香港か?

ますは今週の府中牝馬ステークスをサクッと差し切り勝ちして欲しい。