アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 宝塚記念 軸にするならこの馬か?最有力候補 サトノダイヤモンドの考察

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は軸に最適と思われる馬サトノダイヤモンドをぶった切ってみたいと思います。

 

 

今回のレースの想定1番人気に支持されてるみたいですね。ここ2戦と凡走してますが、世間では、まだ終わっていないと思われているみたいです。僕もまだ終わっていないと思います。菊花賞を勝って3歳で有馬記念を制した馬ですよ。どこかで必ず復活してくるはずです。今回この宝塚記念で復活すると僕は見ています。有馬記念宝塚記念は両方ともグランプリレースであり、非根幹距離のG1でこの馬にマッチしそうな気がする。過去にも両レースとも制しているスーパーホースが何頭か誕生してますが、サトノダイヤモンドもその一員になるような気がする。

 

 

この馬が3歳、4歳前半の輝きを失った理由は明白です。凱旋門賞を使ってしまったからです。

正直言って典型的なディープインパクト産駒のエリート馬てある本馬が、凱旋門に勝てる訳ない。馬主かどうしても使いたかったんじゃないですか。あの大惨敗で馬が挫折感を味わってしまい、菊花賞有馬記念を制した頃の馬体から放たれていたオーラも消えてしまった。

 

 

休み明け初戦は、勝馬、僚馬であるサトノノブレスさえ交わせなかったが、凄い脚を使っていた。次に期待を持たす敗戦だった。続いての大阪杯は、パドックも良くて復活の気配を感じたが、戸崎騎手と馬が合わなかったのかもしれない。前半ベストな位置どりだったが、なぜか最終コーナーで外に出そうとして前が詰まり、上位陣に置いて行かれる不甲斐なさを見せてしまった。もし乗り慣れたルメールならあのようなレースはしなかっただろう。今回の宝塚記念は、ペース的にスローかミドルになりベストな位置が取れるはず。本来操作性に優れたダイヤモンドならどんなレースでも出来るし、叩き3戦目で馬体にも身が詰まってくるはず。今回サトノノブレスの援護射撃はないが、あのような姑息な手を使うから運が逃げるのだ。池江調教師、ルメールもこの馬を復活させる為に躍起になっているに違いない。ここまでの馬をこのまま終わらせてはいけない。僕としては、このレースを圧勝して秋のJapan Cupと有馬記念古馬の代表として威風堂々アーモンドアイ、ワグネリアンを迎え撃って欲しい。キタサンブラックと渡り合って来たこの馬なら可能だと思う。

 

 

今回は手短ですが、ここまで読んでくれてありがとうこざいます。ちょうど書き終わったところで枠順が決定したようです。サトノダイヤモンドは2枠3番。まぁベストとは言えませんが、外よりはいいんじゃないないですか。日曜が楽しみです。ありがとうございました。