アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

素質馬が集結 急成長を遂げて一歩抜け出るのはどの馬?2018 ラジオNIKKEI賞 有力馬ピックアップ!

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は、ラジオNIKKEI賞の注目馬をピックアップしていきたいと思います。

このレースの好走馬は意外と侮れません。ここを境に急成長を遂げていく馬達が、結構多いのです。今回は、いつにも増して素質馬が揃い面白いレースが展開されそうです。

 

 

フィエールマン

 

 

ディープインパクト産駒の素質馬。キャリア2戦2勝、母が仏G1馬リュヌドールという好血統馬と人気確実な馬である。手塚調教師も自信あり見たいな感じだが、2戦のレース内容からは強烈さは感じられない。前年覇者セダブリランテスのように無傷の3連勝といくかは疑問?姉馬のルヴォワールも同じような内容で紫苑Sに挑んだが重賞の壁に阻まれた。キャリア2戦の馬が重賞初挑戦初勝利は、かなりの素質が無ければ無理。果たして本馬はどうか?手塚調教師の2連覇はあるのか?

 

 

イェッツト

 

 

今回の最注目馬。新馬勝ち辺りから注目していて、京成杯でも買い目に入れた。この馬の武器は父親譲りの末脚で追えば確実に伸びてくる馬。大敗したゆりかもめ賞は、距離の一点に尽きる。この馬の守備範囲は、1600から2000。1800が1番得意の距離のような気がする。実力はダービー3着馬のコズミックホースと遜色ないと思う。将来的には父  カンパニーの代表産駒になろうであろう器だと思っている。

 

 

メイショウテッコン

 

 

前走白百合Sは強いの一言。すんなり逃げた時のこの馬の強さは侮れない。梅花賞でその強さは証明済だ。後々青葉賞2着、ダービー4着のエタリオウ。フローラS勝馬サトノワルキューレを撃破。前走の白百合Sもあのペースで逃げながら上がり34.6なのだから後続の馬はたまったものじゃない。ただ今回は同型のケイティクレバーとの兼ね合いがどうなるか?

 

 

ケイティクレバー

 

 

やっと小林 徹弥騎手に手が戻って来た。この馬は小林騎手じゃないと好走は無理と断言出る。逃げ馬の多くは臆病だから逃げるのであって中途半端が1番よくない。ここ2走のレースは、この馬の馬券を買っている人間からしたら、冗談はよしてくれって言いたいレース。この馬は逃げる事でしか持ち味がいきない。それを知っている小林騎手に手が戻った事で馬が本来の力を発揮する。今回はメイショウテッコンとの兼ね合いがあるが、小林騎手は何がなんでも逃げるだろう。

 

 

グレンガリ

 

 

この馬にはしぶとさを感じる。前走のホンコンJCTを見てそう思った。4コーナー直線でユウチェンジに交わされ一旦突き放された後、しぶとく食い下がり、また差し返す勝負根性には恐れ入った。未勝利戦ではあるが、同舞台を勝っている経験も大きい。福島コースはこういう馬が穴を開けるケースが多い。兄貴ミトラも福島コースは強かった。もしかしたら兄貴以上の器かもしれない。

 

 

マイハートビート

 

 

潜在能力は高い馬。調子を完全に崩しているので、何かきっかけがあればという感じだ。この馬は札幌未勝利を勝ち上がっている。ただの直感に過ぎないが、ローカル競馬で復調のきっかけを掴むような気がするのだ。鞍上も去年の覇者セダブリランテスを勝たせている石川祐紀人騎手。人気がまったくない今回は気楽にレースに臨める。母は仏重賞馬でもあるトゥーピーで兄貴達サトノラーゼン、サトノクロニクルも重賞馬でそこそこ活躍している。馬主さんもレインボーラインでこの春G1を制した馬主で勢いがある。いずれ重賞の常連になる力は持っている本馬が今回激走する可能性は充分ある。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。まだロイムアンドエイド、ラムセスバローズ、シセイヒテンと怖い馬はいるのですが、枠順が確定したら詳しく予想の最終見解を述べたいと思います。どうもありがとうございました。