アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018年 帝王賞予想 中央勢を負かす地方馬はいるのか?

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は2018  帝王賞の予想をしていきたいと思います。毎年のように中央勢が活躍するレース。大井のG1競争なのだから、地方勢が中央勢の鼻を明かして欲しいと毎年思っているのですが。さて今年はどうなるか?

 

 

今年も中央が上位独占か?いや今年は、そうはならないと踏んでいる。地方馬にも付け入る隙はある。今年の中央勢はいつもと同じ代わり映えのしないメンバー構成。新陳代謝が遅いダート界だからしょうがないと言えばしょうがない。ゴールドドリームテイエムジンソク、ケイティブレイブサウンドトゥルーアウォーディーアポロケンタッキーとそれなりに強い馬達だが、真のダート王はいない。状況によって着順がコロコロ入れ替わるメンバー。新鮮味がないのである。そのメンバーに割って入れる地方馬は2頭いる。リッカルドとヒガシウィルウィン。実力、実積では到底かなわないが何かやってくれそうな予感はする。

 

 

本命◎

 

 

           リッカルド

 

 

元中央馬である本馬。地方船橋に転厩後は破竹の4連勝と他の馬と勢いが違う。前走の大井記念は強い競馬だった。4コーナーで外に膨れながらも2着馬を交わすと3馬身突き放してゴール。中央時代にも、G3エルムステークスを勝っているので、あのぐらいのパフォーマンスは可能だったのだろう。地方の砂が余程合うに違いない。大井という舞台であれば、中央時代だったらまったく歯が立たなかった馬達の鼻を明かす事は可能と見ている。

 

 

対抗◯

 

 

         ケイティブレイブ

 

 

中央勢の筆頭格。中央馬であるが、地方での実積の方が中央を上回る。中央G1では要らないが、地方G1では必ず買わなければいけない馬。去年の帝王賞馬だが、その時の勝ち方が凄まじかった。先行馬の本馬がスタートで大きく躓いてしまって誰もが終わったと思ったはず。それを最後差し切るのだからこの舞台はベストコースであるに違いない。ただその後、同舞台である東京大賞典ではかろうじて3着と期待を裏切る。枠は2枠2番と絶好枠を確保し、スタートさえまともにきれば、すんなり先行し好走パターンなら持っていけるはず。ただ今回なんとなく気掛かりなのが、ローテーション。前走左回りの船橋ダイオライト記念を使った事が悪い方に出そうな気がしてならない。よって今回は○にとどめた。

 

 

ダークホース▲

 

 

            アポロケンタッキー

 

 

本当この馬は不思議な馬だ。いつ走るかわからないのである。まだ輝いていた頃のアウォーディーを同舞台で破ったのだから強い事は確かだが、モロイ時は見せ場すら作れない馬。そんな馬が、ここ2走負けてはいるが2着と健闘し、馬が安定してきている。ここ最近にはないパターンで臨む今回の帝王賞は、他馬の脅威になるだろう。この馬のやる事はただ一つで、ケイティブレイブを徹底的にマークするだけ。5枠9番ならケイティブレイブの後ろ辺りをすんなり取れる。内田騎手の手腕に期待したい。

 

 

連下△

 

 

           ヒガシウィルウィン

 

 

3歳時の成績が、嘘のような最近のレース。たしかにここ最近のレースは冴えない。だがダービー馬として中央勢を撃破したジャパンダートダービーが去年の夏。この馬はこの時期にどんどん調子を上げていくタイプな気がしてならない。調子が戻り力を出し切れれば、このメンバーでも好走できるだろう。人気がないなら狙いたい1頭。

 

 

連下△

 

 

          ゴールドドリーム

 

 

フェブラリーステークス、チャンピオンCを制している馬に対して失礼ではあるが、△とさせてもらった。この馬がG1を2勝も勝てたのは、ライアンムーアの神騎乗以外あり得ない。馬はさほど強くない。今回が左回り1600の舞台ならムーア騎乗じゃなくても重い印は打っただろうが、今回は右回りの大井2000である。この舞台でここ近走のようなパフォーマーンスは無理と見た。深い大井の砂に嫌気がさし、着を拾うのが精一杯のような気がしてならない。2017 ドバイワールドカップ帝王賞がそれを物語っている。

 

 

馬券戦略

 

 

馬連

 

 

2ー6  6ー9  6ー10  4ー6

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。地方競馬は得意ではないので、今回自信はありませんが、みなさんの馬券戦略の参考程度にしていただけたらと思います。

ありがとうございました。