アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

武豊 ジェニアル回避のうっぷんを晴らす快走

こんにちはノビーです。

日曜の新潟  レパードSは、本当に難しいレースでした。グレートタイム、ドンフオルティスはJDCにピークを持って来たせいか?両馬とも精彩を欠くレース。勝ったグリム、2着ヒラボクラターシュは強かった。このレースに照準を合わせていたのだろう。グリムは今後の成長いかんで古馬G1を狙えそうな器を持った馬だと思った。

 

小倉記念は、ただトリオンフの強さだけが、目立ったレースとなった。予想通りマウントゴールドが逃げて池江厩舎の展開となったが、トリオンフがそんなのものともしない王道競馬で2着サトノクロニクルを0.5秒差つき離しての勝利。このまま休養せずサマーチャンピオンを目指すのか?秋の大一番に備えて休養するのか?どちらにせよ楽しみである。

3着マウントゴールドは今回の好レースをきっかけに、今後面白い馬になるよう気がする。

 

土曜、日曜日に行われたメイクデビューは、面白かった。ほぼ勝ちが確定と思われたソルドラードが負け、負けそうな雰囲気があったドナアトラエンテが勝った。ユカナイトは予想通りの2着であった。

ソルドラードは大事に乗りすぎた。それでも勝てると陣営は思っていたのだろう。4コーナー過ぎて直接に入ってから一度前をカットされる不利を受けた。それでもいい脚で伸びて来たがコース内側を走っていた先行2頭を交わせず3着でゴール。単勝人気1.1倍を裏切る醜態を晒した。藤沢厩舎の新馬戦はこれがあるから怖い。次走は期待したい。

ドナアトラエンテは勝つには勝ったが、強烈な何かを感じることができなかった。レース内容、タイムともに平凡すぎる。僕の目がふし穴だけなのかもしれない。次走でよく見極めてみたい。

ユカナイトも同じである。勝ったベルスールのにあれだけ差をつけられたら期待値も下がるというもの。勝ち馬含めて平凡過ぎる。次戦でもアーモンドアイの妹として人気が出るようなら危険な人気馬となる。

 

 

 

ジェニアル

 

 

日曜日に残念なニュースが入って来た。

『ジェニアル  ジャックルマロワ賞回避』

放馬した際に外傷を負った為出走回避だと?

なんともお粗末な話である。どう考えても危機管理がなっていない。

 

僕は今回のジェニアルの挑戦を評価していた。

まったく歯が立たないとは思っておらず、むしろチャンスはあると思っていた。

世界的に評価されているジャックルマロワ賞に日本の馬が挑戦して勝ったのはタイキシャトルのみである。

ジェニアルは前走フランスのG3メシドール賞を勝っていただけに非常に残念である。タイキシャトルの勝利を再現する可能性はあったのだ!

 

今回は運がなかったが、ジェニアルにはこれからも海外レースを狙って貰いたい。いきなりフランスG3を勝つのだから向こうの適正は高いのだろう。

サラフィナの実績からすれば、このまま向こうに移籍させてあげるのも一考だと思う。

そうさせてでも走らせてあげたいと思う1頭である。

案外こういう馬が向こうの大レースを勝ったりするのかもしれない。

 

ジェニアルの今後の活躍なら期待したい!

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。