アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 関屋記念 一族の血が後押し フロンティアが復活爆走

こんにちはノビーです。

本日2発目の予想は8月12日(日)新潟芝1600

G3 関屋記念です。

前走中京記念に出走して上位に入った馬達がサマーマイルチャンピオンを目指し再び出走してきます。その馬達を阻むのが別路線からのプリモンシーン、エイシントゥインクルロードクエスト、ショウナンアンセムといった馬達。

中京記念組  対  別路線組の図式が出来上がっているが、どちらが優位か楽しみなレースである。

 

 

本命◎ 

 

 

フロンティア

 

 

同コースの2歳重賞新潟2歳Sの覇者である本馬がここに来てようやく復調の兆しを見せている。

前走はNHKマイルCの精神的ダメージが払拭されていないと思い凡走する読んだが4着と好走とは恐れいった。あのメンバーでの好走は、いくら53キロの斤量が恵まれたとはいえ立派である。

叩かれた上積み、3歳夏の成長力とを加味すれば今回最も怖い馬となる。

 

この馬はとにかく血統が素晴らしい。ブルードメサイアーには日本が誇る名馬がずらりと名を連ねている。兄がドリームパスポート、母の母ゴールデンサッシュはあのステイゴールドを輩出、その母ダイナシュートサッカーボーイを輩出している。

決して早熟で終わるような血統ではない。前走の古馬相手の4着がそれを証明してくれた。速いタイム決着にも対応しているところ今回は心配より期待の方が勝る。

ここで勝ち負けの好走をして秋の飛躍に期待したい。

 

 

対抗○

 

 

ショウナンアンセム

 

 

別路線組の筆頭格として今回注目している。

前走のパラダイスSの逃げ切りにはちょっと驚いた。稍重での1:21.7はこの馬の底力を感じた。上がり3ハロン33.8で上がられたら他馬はどうしようもない。

 

今回は強力な逃げ馬ウインガニオンが出走しているので無理に競り合わず2番手で折り合う競馬に徹するはず。前走から200メートル延長もプラス材料。

前走の如く走れば、差し馬が直線でこの馬を捕らえるにはかなりの脚を使わなければいけない。今回そんな脚を使える馬はいるのか?

中京記念組ではフロンティア?別路線組ならプリモンシーンか?

有利な斤量と成長力というを2点を合わせ持った3歳勢以外考えられない。

 

最後の直線で他馬達をどれだけ突き放すか?

今回もそんな競馬が見れるはずである。

 

 

ダークホース▲

 

 

プリモンシーン

 

 

前走NHKマイルは最後の直線でインに閉じ込められてしまった。普通の馬ならそこで終わりだが、この馬は違った。そこから外に出して前の馬達に襲いかかり5着に健闘した。あれがなければ2、3着はあったのかもしれない。潜在能力はかなりのものを持っている。

 

新馬戦、未勝利、フェアリーSで魅せた自在性はG3でなら古馬相手でも即通用するレベルにある。その馬が斤量51キロなのである。外枠が心配されているが7枠なら前走のようにインで閉じ込められる心配ない。

ただ今回のレースは前に行く馬達の方が有利にレースを運べる可能性が高い。いくら斤量が有利でも北村宏騎手が出遅れたり、仕掛けどころを間違えたりすると凡走という意外な結果もあるのではないか?

陣営も7月29日クイーンSに出走して凡走した3歳牝馬リバティハイツの二の舞いは繰り返したくはないだろう。

 

 

連下△

 

 

ウインガニオン

 

 

前走の中京記念では本命に推した。

2018 中京記念 真夏の逃走劇が幕を開ける 俺を捕まえてみろ! - アンチェインな生活 馬券編

予想はかすりもせず大惨敗。この馬を過大評価しすぎた感はある。57.5キロでも強い競馬をすると思ったが、あの負け方にはがっかり。確かにマイネルアウラート、アメリカズカップに前半絡まれたのは痛かった。それでも去年の絶好調時なら2頭を潰して勝ち負けを演じていたはず。それが出来ないのは調子落ちか?それともカンカン負けか?どちらも影響しているのか?

 

今回さらに斤量が0.5キロ増え58キロとなる。

調子の方は典型的な夏馬なのでこれから調子落ちはないと思う。無印も考えたが、よくよく考えるとこの夏の時期の左回り1600でウインガニオンを切る事は出来ない。去年の2着馬の復活はあるのか?

 

 

ヤングマンパワー

 

 

2015年の3歳時から3年連続で挑戦して3着、1着、4着と好成績を残しているにもかかわらずこの低評価は穴党としては無視出来ない。

今期は4月に行われた読売マイラーズカップ出走のみ。間隔は開いたがむしろ良い休養になりフレッシュな状態で4度目の関屋記念に挑む。

マイル重賞3勝の実績はこのメンバーでは抜けている。前走大敗を度外視してでも狙ってみる価値はある。

 

 

チェッキーノ

 

 

約2年ぶりの前走は流石に回って来るだけだろうと思ったが、なかなかどうして2着馬とは0.4秒差と格好はつけたレースだった。

能力はそれほど落ちていない事は証明された。今回は2走ボケがあるのか?それとも叩いた上積みがあるのか?後者なら5歳牝馬でも好走は可能とみる。母ハッピーバスの姉は名マイラーのシンコウラブリィ。ここで終わるような血統ではないと思う。一族の血が爆破することを期待する。

 

 

馬券戦略

 

 

3連複6頭BOX

 

2  5  9  12  13  14