アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2020 函館記念 炎の連闘 スズカロング 引退する姉と一緒に走る最初で最後の重賞レースを勝つ⁉︎

こんばんは!ノビーです。

やっぱり2歳重賞を本気買いなんてするもんじゃないですな〜

メーンレースまでかなりのプラス収支だったがこの函館2歳Sにプラス分全てぶっ込んでジエンドです!(ワイドなら武ー坂井は堅いと思ったんだけどな)

 

函館2歳Sのレースを例えるなら幼稚園児の運動会。

前走がどうのこうのだの素質があるだのないだの全く関係ない。上手く立ち回った馬が上位に来ただけ。

しょうもない予想をしてしまって反省しかないのだが収穫もあった。

函館は例年に比べて時計が出る馬場だったが、まだ継続中。

前断然有利だった馬場も次第に差しが効くようになっているが、前に行かないと勝ち負けは無理。

ハンデ戦大荒れ重賞の函館記念で通用するかはわからないが是非参考にはしたい。

 

函館記念

このレースと言えば毎年思い出す馬がいる。

エリモハリアー

函館記念3連覇という珍記録を作ったミスター函館記念

この馬をいろいろな角度から考察する事こそがこのレースを的中する近道のような気がしてならない。

 

今年もいろいろと考察したが、あっというような閃きはなかった。

 

◎スズカロン

 

いや〜これはもう怒りの連闘としか思えない。前走五稜郭Sはこの馬から買っていたのでよくわかる。あの最後の直線の不利が無ければ勝っていたのではないだろうか?

陣営も絶対に納得は行っていないだろう。函館適正はかなり高いとみている。実力的に重賞でも足りると思っている馬が51キロの軽ハンデなのだから本命を打つしかないでしょう。

 

◯バイオスパーク

 

自在性と馬場適正を考えると人気馬の中で今回1番信頼出来るのはこの馬かもしれない。

今回先行せずに内で脚を溜めて最後インを突いて来る作戦を取るような気がする。

鞍上和田騎手もこのくらいの人気馬を気楽に乗った時が1番怖い。

 

▲プレシャスブルー

 

前走新潟記念で初の重賞挑戦ながら14番人気で3着は立派。このレースの勝馬宝塚記念で7着、14着のダイワキャグニーが次走エプソムCを勝った。かなりレベルの高かったレースだった。鞍上石川騎手ももう一発狙っているのは間違いない。

 

マイネルファンロン

 

昨年の2着馬を前走大敗しているからといって無視するのはどうだろうか?それもリンゴアメで昨日の重賞を制した丹内騎手が鞍上だ。

上手く立ち回って馬券圏内に持って来るイメージはある。人馬ともに警戒は必要。

 

△ドゥオーモ

 

今回最大の大穴馬はこれしかない。ハンデ53キロで同コース同距離を勝っている馬が14番人気なら狙ってみる。勝浦騎手がこの馬を選ばすニシノデイジーを選択したのが不思議でならない。一発ならこの馬の方が魅力を感じるのは自分だけか?

 

△トーラスジェミニ

 

とにかく逃げるだけ!逃げなければ馬券圏内はないだろう。前走みたいに楽には逃してもらえないのでその辺がどう出るか?実力的に前回が限界のような気がするので今回は抑え程度で構わないだろう。

 

△レッドサイオン

 

3頭出しと攻勢をかける藤沢厩舎たが、函館記念で好走するイメージはない。ただ、3頭の中で目があるとしたらこの馬しかないだろう。

藤沢&岩田コンビは珍しいと思うので藤沢調教師も何か思うところがあるのかもしれない。

 

 

馬券戦略

 

枠連6枠流し

1ー6

6ー6

6ー8

3ー6

5ー6

 

馬連7頭Box

2 5 9 10 11 12 16

 

ちょっと買い目の点数が多くなってしまったが、このレースは的中する事をを最優先にする。最後まで読んでいただきありがとうございました。