アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

中京電撃のスプリント戦 CBC賞 強い馬が順当に勝つ

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は7月1(日)中京で行われる芝1200  CBC賞の予想をしていきたいと思います。本レースはサマースプリントシリーズ第2弾のレースでもあります。この中にサマースプリント王者となり、秋のスプリンターズSのダークホースとなり得る馬はいるのか?

 

現時6/30 PM12時15分頃の単勝人気順
 
ダイメイフジ
3.6
ペイシャフェリシタ
5.3
アサクサゲンキ
6.5
アクティブミノル
10.3
セカンドテーブル
10.6
アレスバローズ
12.6
ダイメイプリンセス
12.8
ガラフラワー
18.2
ワンスインナムーン
18.7
トウショウピスト
23.9
スノードラゴン
25.0
フミノムーン
39.6
レーヴムーン
45.1
トーキングドラム
60.9
コウエイタケル
63.6
ナリタスターワン
121.4
トシザキミ
126.7
グレイトチャーター
178.4

 

上位陣のオッズは結構ばらけていますね。ハンデ戦らしく人気下位の馬もそれなりのオッズで人気になっています。ダイメイフジも前回G1馬のモズアスコットを破った割には人気が集中せず、美味しいオッズになっています。ペイシャフェリシタが予想より人気になっている程度でほぼ想定オッズ通りだと思います。馬場も開幕週なので多少の雨が降っても心配ないでしょう。ハンデ戦で何が起こるかわかりませんが、むちゃくちゃなレースにはならないはずです。

 

 

本命◎

 

 

ダイメイフジ

 

 

正直本命にするか悩みました。前走モズアスコットを撃破した反動が怖かったからです。前走は内を通った先行勢を外を回しながら綺麗に差し切ったレース。完全に先行勢が有利な展開を差し切ったのだから、その力はゆうに重賞レベルに達しており、力さえ出し切ればこの相手でも前回同様に差し切れる。ただ今回の先行勢は前回よりは数段レベルアップしており、外を回し過ぎたら届かない。この馬は先行する力もあるので、この枠でデムーロ騎手なら中段あたりに付けられるはず。ベースも逃げたい馬が2頭ほどいるのでHかMペースで流れ先行勢には厳しいレースになるはず。前走同様、この馬の豪脚に期待したい。

 

 

 

対抗○

 

 

 

セカンドテーブル

 

 

絶好枠を引いたと思う。この馬の好走パターンである逃げ馬の2、3番手に取付き、厳しい流れを作り出し、差し馬の脚を封じるという競馬を作り出す事ができる。逃げるのはアクティブミノルでほぼ確定。去年2着と好走した時と似通った状況だが、去年より前に付けやすい枠で今回の方がチャンスはある。前年は安土城Sを勝ち上がったシャイニングレイの鬼脚にハナ差屈した。今回も安土城Sから強力な差し馬ダイメイフジが出走するが、同じ結果になるのか?それとも水口騎手の執念で凌ぎきるのか?水口騎手が落ち着いて騎乗する事が出来るならば、結果はついてくると思う。

 

 

ダークホース▲

 

 

アクティブミノル

 

 

怖い馬が絶好枠に入った。この馬のスプリント能力に衰えはない。鞍上も絶好調の福永騎手。この枠ならもう1頭の逃げ馬ワンスインナムーンに先手を取られる事は無いだろう。逃げて自分の形に持ち込む事さえ出来れば、ストーレートガールを3歳時に破っているスプリント能力は、6歳になった現在でも侮ることは出来ないのである。ただこの馬は何故か、セカンドテーブルと出走する機会があると標的にされ、いいように利用されてしまうのだ。ダービージョッキーである福永騎手がどんなレースを見せるのか?人馬とも今回注目している。

 

 

連下△

 

 

 

ガラフラワー

 

 

6歳牝馬だが、軽ハンデ52キロと鞍上高倉騎手に注目。前走より2キロ減でさらに末脚に磨きがかかりそう。先々週の宝塚記念でノーブルマーズを3着に持ってきた高倉騎手の手腕は穴党には心強く。去年の夏に高倉騎手で挑んだ佐世保Sで後々重賞馬ダイアナヘイローに上り最速タイム33.6で迫り、見どころのある0.2秒差と健闘した。本馬はいつかローカル重賞で穴を開けるだろう。それが今回である可能性は高い。ただ思ったより人気になっているのが残念。

 

 

連下△

 

 

アサクサゲンキ

 

 

とにかく枠が悪すぎる。本命を考えていたぐらい馬は評価していたが、8枠の18番は痛い。この枠から良いポジションを取りに行くには、かなり脚を使ってしまう。今回も前回同様に後方よりで競馬をするしかない。道中INで我慢し、4コーナー手前で外へ出し、末脚を爆発させる戦法以外この馬の好走はないと思っている。しかし、それが出来たとしても古馬の猛者相手にその作戦が通用するだろうか?今回は古馬の洗礼を浴びるような気がしてならない。武豊騎手のバイオリズムが狂っているのも気がかり。

 

 

馬券戦略

 

 

今回は開幕週ハンデ戦の為、何が起こるか想定出来ない為、3連複BOXで勝負します。

 

 

3連複BOX

 

 

6  9  10 12  18

 

 

ここまでお読みくださいありがとうございました。電撃のハンデスプリント戦はどういう結果が待ち受けているのでしょうか?今回そんなに荒れる事は無いとみているのですが!

今夜、ラジオNIKKEI賞の予想をアップする予定なのでそちらの方も読んでいただけたらと思います。ありがとうございます。