アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 エリザベス女王杯 特集第2弾 騎手も馬も曲者 舐めたらあかん!

こんにちはノビーです。

本日はダークホース的存在の2頭をピックアップしてみたいと思う。

ラキシスマリアライトレインボーダリア、クイーンズスプマンテは重賞初制覇がここエリザベス女王杯。これらの馬は重賞実績がなくても勢いでエリザベス女王杯を制する事が出来ると証明した馬達である。

 

Mデムーロ騎手  モズカッチャン

モレイラ騎手  リスグラシュー 

ルメール騎手  ノームコア 

Cデムーロ騎手  カンタービレ

 

この外人騎手騎乗の強力布陣を突破することが出来る馬達は、この2頭しかいない! 

 

 

クロコスミア

 

昨年の2着馬だが、昨年の勢いはない。ここ2走とも本調子ではなかったが、ここをピークに持って来るように調整しているのかもしれない。

昨年は逃げずに2番手で競馬し2着と粘ったが、理想は逃げてマイペースに持ち込む事。

もし昨年クイーンズミラーグロにハナを譲らず自らハナを切っていれば勝てたのではないだろうか?

トライアル府中牝馬Sを岩田騎手で見事逃げ切り勝ちを決めた後の和田騎手への乗り替わり。

あれは正直言って馬が可哀想。

クロコスミアを捨てディアドラを選択した岩田騎手には、大惨敗するという落ちが待っていたのはいうまでもない。

 

今年メンバーを見渡してクロコスミアを脅かすような逃げ馬はいない。強いて言えばプリメラアスールぐらいか?

ハナはほぼ取れるとは思うが、岩田騎手が思い切った逃げが出来るかどうかだけだろう。

 

モズカッチャン、リスグラシュー、勢いづいている3歳勢と強敵揃いだが、この馬も古馬混合戦やドバイ遠征を経験している。

調子さえ戻っていれば上位に食い込む力はあるはず。

 

 

フロンティアクイーン

 

皐月賞、ダービー、天皇賞春、天皇賞秋の計4冠に輝いたメイショウサムソンを父に持ち、牝系はかつての日本競馬の象徴とも言えるソシアルバターフライ系という今では珍しい系統を引き継いでいる。いつ日本競馬界から絶滅してもおかしくない系統だ。

 

この馬の強いけど勝ちきれない理由は、こんなところから来ているのではないだろうか?

過去G1に3度挑戦してまったくと言っていいほど良い所がなかった。

 

自然界にも絶滅危惧種が存在するように、競馬とて同じ事である。

血統のサイクルは恐ろしく早い。一度活力を無くした血が再び活力を取り戻す事はない。

 

ただかつては栄華を極めた血である事は事実。突如大舞台で大暴れするような事があるかもしれない。

現在6戦連続して馬券圏内に絡んでいる。その兆しはある。

厩舎も今年アーモンドアイで牝馬三冠3冠を達成して勢いに乗る国枝厩舎。

G1では通用しないだろうと馬鹿にしていると痛い目に合いそうな気がする。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。明日は3歳勢2頭と今回のレース大注目しているレッドジェノヴァをピックアップしてみたいと思います。