アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2021 フェブラリーS ソリストサンダー 勝利の雷鳴が轟くか⁉︎

こんにちは!ノビーです。

 

やはり世界の壁は厚かった。

サウジCのチュウワウィザードは良いところなく惨敗。

勝ったミシェリフもさることながら2着シャラータンの強さには正直驚いた。ニックスゴーとのゴリゴリの潰し合いの後にミシェリフをなかなか抜かせなかった勝負根性。

 

思わず心の中で『頑張れ〜』って叫んでしまった。

まぁ〜しかしあのような競馬をされてはチュウワウィザードでは無理。スピードが違い過ぎる。

あの負け方では中距離ダートの日本と世界の差は当分埋まりそうにない。

 

それに引き替えピンクカメハメハとコパノキッキングは大したもの。

メンバーのレベルには疑問はあるものの現地で優勝するのだから快挙といって間違いないだろう。

 

しかし、あのコパノキッキングの目の覚めるような末脚は何だったんだ?

ここ何戦かの敗戦が嘘かのような鮮やかさだった。

サウジの砂がよほど合っていたに違いない。

掲示板やSNS藤田菜七子騎手を叩いている奴がいるが何なんだろうな?

コパノキッキングの勝利に水を差すような事はやめた方がいいよ!

まぁ〜こういう奴らが森喜朗元総理のあの女性蔑視発言問題でギャーギャー騒いでいたんだろな。

本当イジメと一緒だよ!

 

さぁ〜気分を入れ替えて今年最初のG1フェブラリーSの予想に行ってみたいと思います。

 

フェブラリーS

 

昨日の10レースの金蹄Sの勝ちタイム2:09.9は3勝クラスにしては速い?

レースタイムは1分34秒台の決着となりそう。パサパサの砂でパワー重視の競馬を想定していたので考えを変えなければいけないのか?

展開如何によっては勝ち馬がコロコロ変わるようなメンバー構成。さまざまなファクターを味方にした馬が勝つのではないだろうか。

 

 

ソリストサンダー

 

この馬の前走を見てG1でも通用する逸材である事を確信。クリノフウジンに並ばれて交わされそうになったが、並ばれるとエンジン全開瞬時に突き放した。

武蔵野Sのあの爆発力は本物だった。敵はそのレースで後塵を拝したサンライズノヴァ。

未対戦の馬もいるが、この馬の充実度と末脚には及ばないだろう。

 

サンライズノヴァ

 

今回このレースに最も執念を感じる馬がこの馬。3回挑戦して4、7、3着と勝ちきれないが4回目の今回が最大のチャンスである事は間違いない。宿敵ゴールドドリームやモズアスコットはもういない。インティもかつての力はないだろう。それならようやく4回目にして悲願の中央G1初制覇か?

ただ、先行有利の展開になった場合は届かずみたいなこともあり得る。

 

▲オーヴェルニュ

 

まさか丸山騎手が騎乗するとは思わなかった。

期待し続けている騎手ではあるが、なかなか好結果で返してくれない。そろそろ一皮剥けて欲しい。

馬は今回本命にしたソリストサンダーぐらい期待しているし充実している。前走の東海Sでインティを競り潰しての完勝はこの馬の先行力が本物である事を証明した。この馬の勢いは無視出来ないと思う。後は丸山騎手がどこまで頑張ってくれるかだけだろう。

 

△カフェファラオ

 

馬券圏内突入は難しいと思う。1番人気、ルメール騎手、東京1600 2戦2勝と買い要素はあるが今年の明け4歳馬レベルにどうしても疑問を持ってしまう。アメリカンファラオ産駒も古馬になってから更に成長するとは思えない。

ルメール騎手次第で馬券圏内突入といったスタンスで良いだろう。

 

ヘリオス

 

根岸Sでは本命だったが最後の直線詰まりまくりでまともに追ったのは最後の50メートルくらい?

芝の2000で勝ち上がった馬。本質的には1600から1800がベストなのでは?デムーロ騎手騎乗なだけにもう一回だけ狙ってみる。

 

△インティ

 

今回はだいぶ評価は下げたが、この馬もまだまだ捨てたもんじゃないとは思う。

流石に2年前のフェブラリーSの覇者がこの人気は舐められ過ぎ。

ハイペースにならずに自分の競馬が出来れば残り目はある。

 

馬券戦略

 

枠連

5ー7

7ー7

2ー7

1ー7

 

2番人気アルクトスはどうだろう?この時期のある程度力のいるマイルはきついのでは?

中央G1では力不足は否めない。

4番人気レッドルゼルは前走がメイチのはず。今回お釣りは残っていないだろう。それに1600は明らかに距離が長過ぎる。シルクフォーチュンみたいな例もあるがこういう馬は善戦して掲示板が精一杯って感じがする。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。