アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

シスターミニスター産駒の一騎打ち プロキオンS 古豪が貫禄を見せつける

こんにちはノビーです。読んでくれてありがとうございます。今回は7月8日(日)中京 ダート1400  プロキオンSの予想をしていきたいと思います。

 

予想に入る前にお伝えしたい事があります。今後予想する際にルールみたいなものを決めました。次の通りです。

 

本命サイドのレース  馬連、ワイド 1点買い

 

 

中穴  大穴サイドのレース  6頭 3連複BOX買い

 

 

回収率重視派としては、これがベストだと思います。ここ最近の連敗は消極姿勢が影響していたのかなと反省し、貪欲に攻めて行こうと思います。

 

現在7月7日 PM12時30分時点の単勝人気オッズ

 

 


 
マテラスカイ
4.7
インカンテーション
5.0
ドリームキラリ
6.5
ウインムート
6.8
キングズガード
7.9
ドライヴナイト
10.6
サクセスエナジー

13.4
ダノングッド
15.1
ルグランフリソン
17.6
ブラゾンドゥリス
30.1
エイシンヴァラー
35.4
ナムラミラクル
37.4
ブライトライン
41.5
サイタスリーレッド

101.1

 

オッズは割れていますね。皆さん混戦とみているようです。まさかマテラスカイが1番人気になるとは思いませんでした。確かに前走は0.6秒突き放す強い内容だったが、終始内を通り他の先行勢に楽させてもらった印象。外枠、今回先行勢が多頭数いるのも不利、距離1400も不安。

 

 

ドリームキラリ、サクセスエナジーはこれといって強調材料はない。両馬とも枠的にはいいところにいるが、マテラスカイとの先行争いで第4コーナーまでお釣りはあるだろうか?

サクセスエナジーは地方重賞2連勝はしているが、今回2キロ増と中央場所は不利になる。

 

先行勢で、注目するとしたらウインムート。前走58キロを背負いながらもオープン特別を勝って今回2キロ減は有利。ただこの馬は重賞の壁に阻まれる可能性の方が高いと思う。

 

 

本命◎

 

 

インカンテーション

 

 

前回の記事でこの馬について考察しました。

2018 プロキオンS 古豪同士の生き残りを賭けた戦い - アンチェインな生活 馬券編

 

先行も出来る馬だか、ペースが激化する今回はわざわざ先行する事はないだろう。先行勢を見る形を取り、今年のフェブラリーSのように4コーナー入ったところで先行勢を捕まえればいい。中央場所でこのメンバーとの戦いなら圧勝もあり得る。三浦騎手が普通に乗って普通に回ってくればいいだけ。

 

 

対抗○

 

 

キングスガード

 

 

この馬も前回の記事で、詳しく考察して見たので参照してください。

 

去年の覇者がこのオッズ、この人気は美味しい。皆さん去年のこのレースを忘れたのだろうか、普通の馬なら大惨敗する不利を克服してのあの圧勝劇である。確かに馬の力は去年がピークで、今年は一枚落ちている事は認めざる得ない。しかし去年と同じように2戦連続して2着してこのレースに臨む不気味さがある。調教師、騎手共々このレースで爆発させる事を、目論んでいる可能性がある。

 

去年と同じようなレースが出来れば、最後の直線でインカンテーションとの叩き合いが見れると思う。シスターミニスター産駒の両馬が先行勢を蹴散らし、ワンツーフィニッシュでゴールするだろう。

 

 

馬券戦略

 

 

馬連  6ー7

 

ワイド  6ー7

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。今日の夜に七夕賞の予想を上げたいと思っておりますので、こちらの方も是非読んでいただけたらと思います。

 

ありがとうございました。