アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 京王杯2歳S ファンタジーS ダブル予想

こんにちはノビーです。

11月3日(土)    東京競馬 京王杯2歳S、京都競馬 ファンタジーSの予想をして行きたいと思います。

おまけ予想の東京9R南部特別もお楽しみに!

では、予想の方に行ってみたいと思います。

 

 

京王杯2歳S

 

 

出走頭数が9頭と寂しいレースになってしまった。2戦2勝の無敗馬が3頭出走し、今後の短距離路線を占う意味では面白そうだ。

 

 

本命◎ アスターペガサス

 

 

この馬の末脚が爆発する。前走のレースを何度も見返したがよく勝てたなと思う。普通は前に行っていた2頭のワンツーフィニッシュで決まるレース。

それを4コーナー手前で他馬と一瞬接触しながらも、あの位置から差し切るのだから大した馬である。洋芝で無類の強さを発揮するパワータイプなのは間違いないが、東京コースも問題ないとは思う。

追えば追うほど伸びる印象で東京コースの長い直線はプラス。

距離も1200から1400がベストだろう。

敵はデムーロ騎手騎乗のアウィルアウェイだと思うが、2頭の差し比べが楽しみだ。

 

 

対抗 ◯ アウィルアウェイ

 

 

本命アスターペガサスにも引けを取らない末脚を披露して前走を勝ち上がった。

血統的にも申し分ない。半兄にインディーチャンプ、叔父にG1馬リアルインパクトネオリアリズム。重賞馬アイルラヴァゲイン

おまけにデムーロ騎手騎乗なのだから勝ち負けは確実のような気がする。

ただ、今回重賞の壁に跳ね返されると思っている。先程挙げた一族の馬達で2歳重賞を取った馬はいない。本格化したのは3、4歳以降で早くから活躍した馬は皆無だ。

3歳で安田記念を勝ったリアルインパクトでさえ、この京王杯2歳Sは2着。

叔父を超えるほどの馬とは思えないので、今回は2着あたりが無難だと思う。

 

 

単穴 ▲ ココフィーユ 

 

 

戸崎騎手の無欲の一発を警戒する。

未勝利戦ではあるが、同コース同距離のレースを勝っているのは強み。末脚もそこそこのものを持っている。

血統的にも一族にタヤスブルーム、カタマチボタンと早くから活躍した馬がいる。今年活躍したトーセンブレスも同族なので、この馬の旬は2歳、3歳前半と考える。

東京コースの重賞で人気のない時、こういう馬に騎乗した時の戸崎騎手は怖い。

最近重賞では冴えない騎乗多いが、そろそろ関東トップジョッキーとして奮起してもらわないと困る。

 

 

連下△ ファンタジスト

 

武豊騎手騎乗で人気を集めているが、今年の小倉2歳S組は信用に置けない。

レースレベルに疑問を感じる。相手が弱すぎた故の快勝だったのではないだろうか?

確かに先行力があり、終いもそこそこの上がりでまとめて来るので、小倉コースのような平坦小回りコースでは、この馬の良さが存分に活きるのだと思う。

しかし、今回2戦2勝の無敗馬が2頭もいる。両馬とも東京コース向きの末脚を待った馬。今回先行してもいい目標にされるだけだろう。

最後の直線で他馬を突き放してどれだけセーフティーリードを取れるか?東京開催も進み、そろそろ差し馬有利の展開になりそうなので、こ馬にとって苦しい展開になりそうだ。

 

 

連下△ カルリーノ

 

 

今年の函館2歳Sは例年に比べてレベル的に高いレースだったと思う。その3着馬なのだから無視は出来ない。

勝ち馬アスターペガサスと同枠からスタートだったが、2頭ともスタートは良くなかった。

しかし、カルリーノはいつのまにか好位に取り付き、4コーナー過ぎて外を通り最後の直線では2着馬となるラブミーファインにしぶとく食い下がっていた。競馬が上手い馬だと感じた。

その辺か今回活かせれば、上位に食い込める可能性はあるかもしれない。

 

 

馬券戦略

 

   3連複1頭軸

    

           7ー1  3  5  6  

 

 

ファンタジーS

 

上位人気4頭で決まりそうな固いレースになりそうな予感。荒れる要素がまったく見つからない。

ただ、このレースを個人的にはあまり評価していない。過去の勝ち馬を見れば、本番阪神JFに繋がるレースではないし、勿論クラシックにも繋がる事はない。すべての馬がそうとは限らないがら、ここで強い勝ち方をして鳴かず飛ばずの馬が過去多数頭存在する。

今年の勝ち馬がそうならない事を願っている。

 

 

本命◎ レーヴドカナロア

 

 

このレースの性格に一番合致している馬だと思う。今持てるすべてをこのレースにぶつけて来そうな感じだ。鞍上ルメール騎手の勢いを持ってすれば、こういう馬をこのレースで勝たせるのは容易なのではないだろうか?

 

半姉レーヴディソールと同じで2歳で燃え尽きてしまうような馬である可能性が高いと思う。ここと次の本番に全力投球で臨むだろう。本気度が他陣営とは違う。良血馬ダノンファンタジーを負かすとしたらこの馬しかいない。

 

 

対抗◯  ダノンファンタジー

 

 

来年のクラシック路線には必ずと言っていいほど乗って来る馬。ここを勝って賞金を加算するのも後々楽にはなるのだが、1400の距離は使わない方が馬の為には良かった気がする。

このレースを勝って後々G1馬になった馬も数頭いるにはいるのだが。

 

アルゼンチンのG1馬である母に、日本の至宝ディープインパクトをつけた興味深い血統なのでどのような馬になるのかは未知数ではあるが、古馬になっても活躍出来る馬になるような気がする。

デビュー戦では、あのグランアレグリアと人気を二分した馬なのでアッサリ勝ったとしても驚けないだろう。

 

 

単穴 ▲ ベルスール

 

 

田辺騎手が当日この馬の騎乗だけの為に京都競馬に遠征する。

デビュー戦でアーモンドアイの半妹ユカナイトを0.6秒ちぎったあたり潜在能力が高いのは確かだろう。2歳重賞でも即通用する。

ヴゼットジョリー、ベルルミエールを見る限りクラシック路線で活躍するかは疑問だが、今回ならダノンファンタジーやレーヴドカナロアと互角に渡り合える。

 

 

連下△ レッドベレーザ

 

 

去年ベルーガで素晴らしい勝利を収めたCデムーロ騎手が騎乗する。3着候補はベルスールとこの馬の争いだろう。上位2頭に割って入る力は現時点ではないと思う、完成するのは来年春頃から夏にかけてだろう。

 

 

馬券戦略

 

 

3連複2頭軸

           4 6ー1 9  (2点買い)

 

 

南部特別

 

オジュウチョウサン単勝とワイド2ー3を買ってレースを楽しみたいと思います。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。