アンチェインな生活 馬券編

愉快でワクワクしてます、 エキサイティングな馬券生活

2018 エリザベス女王杯特集第4弾 古馬最強牝馬を目指して モズカッチャンvsリスグラシュー

こんにちはノビーです。

本日はエリザベス女王杯特集最終章 モズカッチャンとリスグラシューをピックアップします。

その後、明日の東京競馬  武蔵野Sと京都競馬  デイリー杯2歳Sの予想を簡単にしてみたいと思う。

 

 

モズカッチャン

 

 

去年のエリザベス女王から1年経った。

その間に古馬混合重賞2戦とドバイ遠征と常に上を向いて挑戦して来た。牝馬路線とは比べものにならない強敵相手で馬も戸惑ったに違いない。それでも何とか格好はつけてくれた。

この3戦で得た経験は必ず今回のエリザベス女王杯で結実するはずだ。

 

前走の札幌記念では今までにはない強烈な末脚を披露した。あのレースは、完全にエリザベス女王杯の叩き台。最後方から競馬をしてまともに追ったのは最後のゴール手前50mあたりから。

あのレースで一番強い競馬見せたのは間違いなくモズカッチャン。

あのレベルを本番前に披露してくれたのだから、本番でどのくらいの強さを発揮するのだろうか?

個人的には今現在この馬に対してディアドラに匹敵する強さを感じている。末脚では劣るものの自在性という点ではこの馬の方が上だろう。

 

ただ、少し心配なのがデムーロ騎手。今秋のG1で何かが足りない故に、あと一歩のところで大魚を逃している。エタリオウ、ラビットランと本当に残念な結果に終わったが、あのダメージから抜け切れているのか?

現代競馬は馬5 騎手5ぐらいの割合で勝ち負けが決まると思っている。

モズカッチャンの体制は万全だ。後はデムーロ騎手のエリザベス女王杯を連覇するという執念が他の騎手のモチベーションを上回るがどうかが鍵になるような気がする。

 

 

 

リスグラシュー

 

 

この馬も3歳で挑んだ去年のエリザベス女王杯から、目覚ましい成長を遂げている。

既にG1級の力を有しているが、その力が馬の中でくすぶっている感じがしてならない。

この馬に関しては、そのくすぶっている力を解放してやれるかどうかだけ!

前走の府中牝馬Sはキャリア初の外人騎手が騎乗した。この馬の力を解放するのは、モレイラ騎手じゃないような気がしたので軽く扱ったが、予想に反して素晴らしい競馬を披露した。

 

トライアル戦の走りとしては100点中98点を与えてもいいような走りだった。まだモレイラ騎手とこの馬がベストマッチかは、前走のレースだけでは判断出来てはいない。

 

そして、一番の懸念材料が距離。今回のエリザベス女王杯は2000以上で勝ち鞍のないこの馬にとってベストではない事は確かだ。この馬のベスト距離は1600以外あり得ない。

その辺も含めてモレイラ騎手がどういうレースをするのか非常に興味がある。

この馬のG1級の能力とモレイラマジックが合わさり化学反応が起きれば、あっさり克服する可能性もある。果たしてどういう結果になるのだろうか。

 

 

武蔵野S

 

馬券的には面白いレースになりそうだ。この中かららチャンピオンズCの有力候補となるような馬は見当たらない。

ただ、今回の走りの内容如何によってはウェスタールンドあたりが今後も面白い存在になるような気がしている。前走シリウスSでは滅多に見る事が出来ないもの凄い鬼脚で2着となったが、舞台が東京コースに替わってどうなるか?

 

昨年の覇者インカンテーション、芝の重賞馬で久々のダート戦に挑むクルーガー、藤懸騎手からルメール騎手へ乗り替わって大幅鞍上強化となるナムラミラクル、オーブンレース2連勝中のサンライズノヴァと一長一短の馬が勢揃いした。

 

 

本命◎ ナムラミラク

 

 

対抗◯ ウェスタールンド

 

 

単穴▲  メイショウウタゲ

 

 

連下△  サンライズノヴァ

 

 

連下△  クルーガー

 

 

馬券戦略

 

 

馬連

 

10ー15

10ー13

 4ー10

10ー12

 

3連複1頭軸

10ー4  12 13 15

 

 

デイリー杯2歳S

 

 

アドマイヤマーズ、ダノンジャスティス、ドナウデルタ、 ヤマニンマヒア、ハッピーアワー

この5頭でほぼ間違いないと思う。

アドマイヤマーズとダノンジャスティスが人気だが、他の3頭も付け入る隙はある。抜けて強い馬はいないので騎手同士の駆け引きが勝敗を決めるような気がする。

 

 

本命◎ アドマイヤマーズ

 

 

対抗◯  ヤマニンマヒア

 

 

単穴▲  ドナウデルタ

 

 

連下△  ハッピーアワー

 

 

連下△ メイショウショウブ

 

馬券戦略

 

馬連

 

1ー3

3ー4

3ー9

3ー7

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。